ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RealPlayer Cloudが「RealTimes」にリニューアル、写真の共有やショートムービーの作成が可能に、無制限プランも追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“RealPlayer” でお地味の RealNetworks が動画共有サービス「RealPlayer Cloud」を「RealTimes」に名称変更し、サービス内容もリニューアルしました。RealTimes では、動画だけではなく、写真の共有にも対応したほか、端末に保存されている写真や動画を使って自動的にショートムービー「RealTimes ストーリー」を作成できるようになり、従来の単なる動画共有サービスから写真・動画・ショートムービーをカバーした汎用のメディア共有アプリに進化しました。RealTimes ストーリーは、「ストーリー」メニューに表示され、クラウドストレージにアップロードして友達や家族と共有できます。また、新たに「タイムライン」機能が追加され、共有されたメディアを時系列で表示することや、「アルバム」単位での共有も可能になり、アルバムを更新すると他のユーザーに通知が届くようになります。このほか、ストレージプランに無制限の「Unlimited」が追加。月額 1,206 年 / 年額 12.091 円で容量を木にせずアップロードできるようになったほか、アプリに「自動アップロード」機能も追加され写真や動画を撮影すると自動的にストレージへとアップロードすることも可能になりました。「RealTimes(旧RealPlayer Cloud)」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google I/O 2015でVRヘッドセット「Google Cardboard」に関する発表を予定
Verizon、「Droid Turbo」にグレーを基調とした新色を3種類追加、5月28日より発売
ヤフー、GYAO!のAndroidアプリをv2.6.2にアップデート、画面の回転やプレイヤーのサイズ変更で再読み込みする現象に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP