体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

社会人になると、誰もが経験する「25歳の壁」

150519_quarter-life-crisis

「3日3月3年」という言葉を知っているだろうか? もともとこの言葉は、芸事修行の心構えで、3日我慢できれば3ヶ月は耐えられ、3ヶ月我慢すれば3年は耐えられる…という意味だ。
社会人生活も3日、3ヶ月、3年、30年と3のつくときが、節目であり、そこを超えられるかどうかが、大事であるということに異を唱える人は少ないのでは?

大学に出て社会に出て3年。新人という免罪符もなくなり、社会の厳しい風にあたる年齢でもある25歳。高く期待するほど現実に直面し、がっかりすることもある。
そんな“25歳でぶつかる壁”は、世界共通なのかもしれない。米メディア「Elite Daily」で、若き起業家Paul Hadson氏が「25歳で、誰もが経験する『25の壁』」をまとめている。

 

th_shutterstock_193816724

25歳というのは、特別な年齢です。新たな章が始まる時とも言えるし、100歳を寿命と考えると4分の1が過ぎたとも言えます。
人生の新しい章というものは、新しい課題をもたらし、時に幻滅や恐れを抱くことになります。25歳で直面する壁とは一体どういうものなのでしょうか?

01.
3年前は、憧れていた
仕事のはずなのに…

大学を卒業するまでに、膨大な時間を使って仕事について考えたはずなのに…。卒業してから3年という短い時間の中で、自分の仕事を嫌いになっています。

02.
世界は複雑で
そんなに甘くない

年をとるほど、世界は複雑になります。それが「現実を知る」ということ。若い頃はなんでも単純化しています。社会に出て3年くらいたつと、複雑な現実が見えてくるのです。

03.
稼いでも
税金にとられていく

税はコミュニティの維持・改善のためには必要。それを必要とする人が払うのは当然。……だけど、本当に自分たちのためになっているのかちょっと疑問。

04.
大人になることは
楽しいことではなかった

th_shutterstock_226614499

子どもの頃は、あんなになりたかった大人。だけど大人になると、子どもに戻りたいと思ってしまう。そう考えると、ずっと「この時がいい」というのはないのかも…。

05.
狭い場所に移っただけ
一人暮らしは面白くない

小さい頃から自分だけの住まい、自分の車、自分の人生を送ることが待ちきれなかったはず。だけど、一人暮らしをして思うのは、そんなに面白くないということ。ただ、3m×3mの場所に移っただけ。

06.
仕事を追うのではなく
仕事に追われる…

働き始めて2、3年たつと、残りの人生でどれだけ働くのだろうか考え、仕事が嫌いになります。25歳になった時、私たちは選択をします。とにかくガムシャラに働き稼ぐか、お金は二の次にして仕事と思わないくらい没頭できることをするのか。この問いに直面します。

07.
平日、仕事以外のことを
する時間がない

25歳で自活していると、社交などに費やす時間はほとんどありません。もちろんそれぞれの事情は異なりますが、9時〜17時で働いて洗濯をし、できれば料理もして、それなりに眠る。そうなるとほとんど時間は残っていません。

08.
面白い人は
そういない

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。