ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社会人になると、誰もが経験する「25歳の壁」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「3日3月3年」という言葉を知っているだろうか? もともとこの言葉は、芸事修行の心構えで、3日我慢できれば3ヶ月は耐えられ、3ヶ月我慢すれば3年は耐えられる…という意味だ。
社会人生活も3日、3ヶ月、3年、30年と3のつくときが、節目であり、そこを超えられるかどうかが、大事であるということに異を唱える人は少ないのでは?

大学に出て社会に出て3年。新人という免罪符もなくなり、社会の厳しい風にあたる年齢でもある25歳。高く期待するほど現実に直面し、がっかりすることもある。
そんな“25歳でぶつかる壁”は、世界共通なのかもしれない。米メディア「Elite Daily」で、若き起業家Paul Hadson氏が「25歳で、誰もが経験する『25の壁』」をまとめている。

 

25歳というのは、特別な年齢です。新たな章が始まる時とも言えるし、100歳を寿命と考えると4分の1が過ぎたとも言えます。
人生の新しい章というものは、新しい課題をもたらし、時に幻滅や恐れを抱くことになります。25歳で直面する壁とは一体どういうものなのでしょうか?

01.
3年前は、憧れていた
仕事のはずなのに…

大学を卒業するまでに、膨大な時間を使って仕事について考えたはずなのに…。卒業してから3年という短い時間の中で、自分の仕事を嫌いになっています。

02.
世界は複雑で
そんなに甘くない

年をとるほど、世界は複雑になります。それが「現実を知る」ということ。若い頃はなんでも単純化しています。社会に出て3年くらいたつと、複雑な現実が見えてくるのです。

03.
稼いでも
税金にとられていく

税はコミュニティの維持・改善のためには必要。それを必要とする人が払うのは当然。……だけど、本当に自分たちのためになっているのかちょっと疑問。

04.
大人になることは
楽しいことではなかった

子どもの頃は、あんなになりたかった大人。だけど大人になると、子どもに戻りたいと思ってしまう。そう考えると、ずっと「この時がいい」というのはないのかも…。

05.
狭い場所に移っただけ
一人暮らしは面白くない

小さい頃から自分だけの住まい、自分の車、自分の人生を送ることが待ちきれなかったはず。だけど、一人暮らしをして思うのは、そんなに面白くないということ。ただ、3m×3mの場所に移っただけ。

06.
仕事を追うのではなく
仕事に追われる…

働き始めて2、3年たつと、残りの人生でどれだけ働くのだろうか考え、仕事が嫌いになります。25歳になった時、私たちは選択をします。とにかくガムシャラに働き稼ぐか、お金は二の次にして仕事と思わないくらい没頭できることをするのか。この問いに直面します。

07.
平日、仕事以外のことを
する時間がない

25歳で自活していると、社交などに費やす時間はほとんどありません。もちろんそれぞれの事情は異なりますが、9時〜17時で働いて洗濯をし、できれば料理もして、それなりに眠る。そうなるとほとんど時間は残っていません。

08.
面白い人は
そういない

世界中には魅力的な人がいると思っていました。それに出会うのも難しくないと。ところが人に会えば会うほど、どこかの誰かに似ていることに気づきます…。

09.
25歳以降
モテなくなる

出会いがたくさん会って、友人を超えた付き合いになって…。それが今後も容易くできると思うのは間違い。大方、25歳がピークだったり。

10.
違うことを始めると
前の友だちを失う

学生時代、友だちはずっと一緒だと思ったもの。だけど気が付いてみれば、音信不通。縁を切った訳ではなくそれぞれのフィールドで忙しくなり、連絡が途絶えただけ。

11.
初めて分かった
“フレネミー”の存在

“フレネミー”をご存知ですか?友だちでありながら、あなたを傷付けたり、ネガティブにする存在のこと。友だちとはいえ情に溺れすぎるのは考えもの。思いっきり、離れてみては?

12.
学校に費やして得たものは
負債だったと知る

学校にいったことで、素晴らしいアイディアが生まれるようになったのか? といえば、怪しい。振り返って考えてください。学校で学んだことは、いまの仕事にいきていますか?

13.
大学の専攻は
仕事を見つけるためのものだった

専攻分野は好きだったけど、いざ仕事をしてみるとそれを活かせないどころか、そのことが嫌いになってしまったり…。

14.
人生の迷子、続行中

25歳で先の見通しが立つと思っていた。でも、この歳になっても迷って混乱しているものです。前よりもさらに…。

15.
まだ”ひとり”

歳を重ねると、人間関係はより悲惨なものになります。誰かと人間関係の構築をするのも難しく、ひとりでいることもよくあることです。

16.
1日”24時間”は短い

1日は24時間。10代の時はゆっくり流れていた時間が年々短く感じられるようになります。

17.
起きた時に抱える不安

微笑みとともに起床…なんていうことはなく、思っていたより幸せな人生ではないと無性に不安になってしまう…。

18.
両親は
スーパーヒーローではないと知る

歳を重ねるほどに、両親はスーパーヒーローから友だちに変わっていきます。素晴らしいことだけど、少し幻滅することも。

19.
より現実的に
狂った生活は自重する

飲んで、パーティーをして、荒れ狂うことが何にも怖くなかったあの時。25歳。不摂生で老けることが分かり、自重するようになります。

20.
人生の4分の1は
終わった

実際には寿命の4分の1以上かもしれません。そしていまが頂上で、あとは下り坂になるかもしれないとさえ思ってしまいます。

21.
情熱があっても、
行動するのは難しい

情熱を傾ける対象が見つかるのは幸運なことですが、それは「ステップ1」。実際にかたちに落とし込んでいくことは難しいことです。

22.
人生が
退屈なことを思い知る

学生の頃は退屈だろうと教室にいき、やることがありました。25歳になると、土日に予定という予定もなく、本当に退屈することも。

23.
学校がないのが寂しく感じる

驚くべきことに、学校にいかなくなるということが寂しくなります。でも、また戻りたいと思いますか?

24.
夢を実現するための
時間は短いと知る

人生には確かにたくさんの時間があります。でも、何かを成し遂げるにはもっとたくさんの時間、一生懸命に働くことが必要です。人生を楽しむということにおいて、重要な仕事はなんですか?

25.
世の中のことを、
何もわからないことに気づく

歳を重ねれば重ねるほど、多くを知れば知るほど自分が何も知らないことに気づきます。でも、それこそが知恵なのです。

 Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

薬物中毒を克服したライター。幸せになるための「16のメッセージ」が強い
思っている以上に、自分が幸せだと気づかせてくれる「9つの意外なサイン」
全力で、世界を遊ぼう。人生を楽しむために、死ぬまでにしたい「30のリスト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP