体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米・栄養士が証言。すべての「健康食品」がカラダに良いワケではない!

150519_healthy-food2

「ヘルシー」「ナチュラル」「オーガニック」、いまや健康への意識をアピールする言葉が巷に溢れ、人々の健康志向も留まることを知りません。

そんな健康食品ブームに待ったをかける記事が登場しました。「Elite Daily」が独自に多数の認定栄養士やパーソナルトレーナーにインタビュー取材を行ない、「身体に良い」とされる食品の知られざる一面を徹底リサーチ。ライターZainab Mudallal氏のまとめには、結構ショッキングな内容も…。

01.
じつは、果糖がたっぷり
「アガベシロップ」

shutterstock_255241498

自然派、健康志向の人たちに大人気のアガベシロップ。ヘルシーな天然の甘味料として、砂糖の代用品として好まれています。ところが、パーソナルトレーナーで看護師のNadia Amrikani氏が言うには「食後の血糖値の上昇を示すGI値(グリセミック・インデックス)は低いものの、反面、フルクトース(果糖)の量がとても多い食品」だそう。

気づかぬうちに糖分を摂り過ぎては、元も子もありません。食べる時には分量に注意して。

02.
人工安定剤入りの
「アーモンドミルク」

shutterstock_135003833

低脂肪、低カロリーで人気の「植物性ミルク」ですが、これだって注意すべきことがあるようです。食の健康と安全に関する活動家で、食品情報サイト「FoodBabe.com」の創設者でもある Vani Hari氏がこう指摘します。

市販されている一部のアーモンドミルクには、腸炎の原因となる「カラギナン」やアレルギー物質の「グァーガム」を防ぐため、人工安定剤が添加されているものもあるとか。もっと健康的になりたい方は購入時、食品表示欄をチェックする方がベターかも。

03.
フレーバーは季節の果実で
「プレーンヨーグルト」

shutterstock_194391338

腸内環境を整えるだけでなく、良質なタンパク質が美肌づくりにも欠かせないヨーグルト。無添加のプレーンヨーグルトや脂肪分無調整のギリシャヨーグルトが話題となり、健康に良いのは誰もが認めるところ。でも、なかには糖分が多く含まれているものも。

プレーンヨーグルトにフレッシュな果物を入れた朝食を推奨するのは栄養士のMonica Reinagel氏。これなら甘党の方でも糖分を抑えられるのでは。ナッツを加えるだけで腹持ちも良くなりますよ。

04.
ポイントは含有量
「野菜チップス」

shutterstock_186907358
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。