体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Surface 3』個人向け販売は4G LTEモデルのみ 6月19日発売で価格は8万1800円から

IMG_1725

日本マイクロソフトは19日、『Surface 3』の国内事業展開に関する発表会を開催し、個人向けには4G LTE対応モデルのみの展開、価格は8万1800円(税抜き)からと発表しました。5月20日(水)より予約受付を開始、発売は6月19日(金)を予定しています。

IMG_1782

『Surface』シリーズは『Type Cover』と呼ばれる軽量のキーボードと組み合わせ、用途に合わせてタブレットとしてもパソコンとしても使用できる製品。第3世代となる『Surface 3』は、CPUにクアッドコアのインテルAtom x7プロセッサー(1.6GHz/最大2.4GHz)を搭載。

IMG_1778

10.8インチ(1920×1280ピクセル)の10点マルチタッチディスプレイを採用し、オプションのスタイラスペン『Surfaceペン』で手書き入力も可能。OSはWindows 8.1を搭載し、今夏提供予定のWindows 10へ無償アップグレードも可能となっています。専用OSのWindows RTを搭載していた従来シリーズと異なり、『Surface 3』ではPCと同じWindows用ソフトウェアも動作可能となりました。

IMG_1770

さらに、薄さ8.7mm、重量約622グラム(4G LTEモデルは約641グラム)と、『Surface』シリーズで最も薄く軽量な本体を実現しています。

IMG_1680

同日に開催されたソフトバンクモバイルの新製品発表会でもアナウンスがあった通り、発表会の冒頭で『Surface 3』の4G LTEモデルを『Y! Mobile』ブランドにて提供することを明かした日本マイクロソフトの樋口泰行社長。

IMG_1576

「PCとしても使えるのが“真のタブレット”。その他のタブレットは“タブレット未満”」と強気のコメントを披露しつつ、「大きさ、価格帯、初めてのLTE対応ということで、申し分のないマシンが提供できるようになった」と新型『Surface』の誕生に自信を見せました。とは言え、Wi-Fiモデルの国内販売が法人向けのみということで、ユーザーにとっては選択の自由がない状態。

IMG_1714

さらに機種代金(税抜き)に関しては、64GBストレージで2GBメモリが8万1800円、128GBストレージで4GBメモリが9万1800円と発表。5月5日に米国で先行発売された海外のWi-Fiモデルが499ドルだったこともあり、会場からは若干のどよめきが起こっていました。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy