ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、LTEやプロジェクター内蔵のAndroid端末「モバイルシアター」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクモバイルは 5 月 19 日、LTE やプロジェクターを搭載した多機能な Android 端末「モバイルシアター」を発表しました。夏モデルと一緒に発表されましたが、発売は 2015 年 9 月以降とかなり先になります。モバイルシアターは、ZTE が CES 2015 イベントで発表した「Spro 2」をソフトバンク仕様にしたものです。プロジェクター、LTE 対応のモバイル Wi-Fi ルーター、モバイルバッテリー、小型 Android タブレットとして機能します。OS は Android 4.4.4(Google Play ストアにも対応)を搭載プロジェクターの輝度は 200 ルーメンで、ピント調節機能やキーストーン補正の自動化に対応しています。投映解像度は 1,280 × 720 ピクセル(HD)で、実用的な投映サイズは 120 インチ大と言われています。Android 端末としては、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 800 2.16GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、6,300mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0 のワイヤレス通信機能に対応しています。また、SoftBank 4G と SoftBank 4G LTE に対応しており、最大 10 台までの Wi-Fi 機器に対して LTE の通信環境を提供できるほか、Micro SD カードでストレージ容量を拡張することも可能。HDMI 入力端子も備えているので、HDMI ケーブルで外部機器を接続し、壁やスクリーンに投映することもできます。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
ZTE、インドで「Nubia Z9 Mini」を発売開始
LG、G4ファミリーとなる5.7インチ「G4 Stylus」と5インチ「G4c」を発表
ソフトバンク、Galaxy S6 edge以降の機種はSIMロック解除に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP