ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MLBの日本人最多登板 1位は長谷川滋利、2位斎藤隆、3位野茂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 MLBに在籍した日本人投手で最多登板を誇るのは、エンゼルスとマリナーズでセットアッパーとして活躍した長谷川滋利だ。28歳でのメジャー挑戦だったが、本格的なウエイトトレーニングに取り組み実働9年間を大きな故障なく過ごした。「努力の人」ならではの偉大な記録だ。

■MLB日本人投手:通算登板数ランキング(左から順位、投手名、登板)
1位 長谷川滋利 517
2位 斎藤隆 338
3位 野茂英雄 323
4位 上原浩治 294
5位 岡島秀樹 266

●協力/データスタジアム(2014年シーズン終了時のデータ)

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
神田正輝と破局の長谷川理恵 神田以上の男と会えるかを心配
長谷川理恵 夫の前妻が訴訟の意向も現実は難しいとTV関係者
セカンドバージン京香相手役・長谷川博己 白石美帆と交際過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP