ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮部みゆきの新作は厳しい現実に抗う少年少女のファンタジー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき/KADOKAWA/1728円

 学校に居場所がない中学3年生の真は偶然、古城の絵を手に入れる。分身を描くと絵に入れると知った真は、いじめられている美術部の珠美に、分身の制作を依頼。絵に入った真たちは、塔に閉じこめられている少女を救おうとする。不幸に負けず、少女のために闘う主人公の姿は心を温かくしてくれる。

※女性セブン2015年5月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
震災復興のシンボル“奇跡の松”夏の暑さに耐えるべくケア中
フランスの漫画祭での韓国「慰安婦展示」の様子を写真で紹介
ナニワのオバちゃん夜回り隊 家出少女の人生救い感謝される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP