ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根山の規制区域周辺に人だかり 「火山活動観光」の能天気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 火山活動が活発になり、立ち入りが禁止されている区域もある箱根。閑散としているかと思えば、規制区域周辺には人だかりができていた。

「ジェット機みたいなすごい音!」
「テレビで話題なので来ちゃいました」

 そう話す人たちの目線の先には山あいから蒸気が立ち上る。箱根山の噴火警戒レベルが6日に引き上げられて以降、噴出する蒸気を一目見ようという観光客が後を絶たない。

 大涌谷へと続く県道734号。通行止め箇所から2キロ手前の地点では、蒸気が良く見えるとあって次々と車がやってくる。狭い道に駐車する車に後続車がクラクションを鳴らしても、野次馬たちはスマホでの記念撮影に興じる。

 その楽しげな様子は、昨年57人が亡くなった御嶽山噴火の悲劇が教訓になるどころか、早くも忘れられたかのようだ。安易な好奇心は、はた迷惑であることはもちろん、極めて危険である。

■撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
頻発する箱根での地震 富士山噴火の前ぶれと指摘する声も
箱根山噴火ならホテルや別荘の被害深刻 首都機能マヒ恐れも
「箱根と富士山は兄弟」と専門家 連動噴火の可能性を指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。