ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1人の美容師からはじまった 世界で髪を切るチームの写真展「TOUCH」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「TOUCH」Webサイトスクリーンショット
世界中に出向き、現地で出会った人々の髪を切る活動で知られるチーム・OTAKUによる写真展「TOUCH」が、京都のFOIL GALLELYにて、5月15日から開催されている。

会場では、OTAKUを主催する美容師のミツモリヨシヒロさんらがパリやブータン、アイスランド、大阪の西成などで行ってきた散髪やヘアメイクなどの様子を撮影した写真と映像、ミツモリさんによる言葉が展示され、同時刊行となった同名の写真集も販売されている。

会期は6月7日(日)までとなっている。

美容師の表現、評価に疑問を抱いて、海外へ

OTAKUは、大阪で美容院を営むミツモリさんが、既存のコンテストやショーにおける美容師の表現や評価に疑問を抱き、単身、海外へ髪を切りに行く活動を始めたことが発端となったチーム。写真家やスタイリストなど、ミツモリさんに共感した多方面で活躍するメンバーが集まっている。

本展で展示されているのは「世界を挑発する」をテーマに街頭でヘアメイクをしたり、散髪を施す中、現地の人々との交流や新しい価値観を探ってきた彼らの記録となっている。

挑戦を続ける彼らの姿勢は、美容師という職業に関わらず、見るものに勇気を与えるだろう。

「TOUCH」のWebサイトでは、現地の様子を撮影した動画や展示以外のギャラリーの楽しみ方なども紹介されている。

今回の写真集と写真展では、たくさんの職業の仲間が集まり、新たなチャレンジを試みたことで起こったいろんな出来事、そして喜びが連鎖することや、現代のインターネットによりより速度を増した利便性や効率を重視する世界で、失いつつあるもっと大切なことがあるんじゃないか?それらのヒントがこの活動にあると信じ継続しているのです。

ミツモリ ヨシヒロさんのコメント

引用元

1人の美容師からはじまった 世界で髪を切るチームの写真展「TOUCH」

関連記事

スーパーのチラシに着想 若手台湾人アーティストによる個展「SUPER」
自撮りの可能性を探る セルフポートレイト展「私がわたしを撮る理由」
音楽とアートを愛する人へ 名盤ジャケットを手がけた作家の展覧会

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP