ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポイントは自家製の赤みそ! なめらかな舌触りと絶妙なみそ加減の「豪快野獣丼」!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月15日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系、毎週月~木曜午前1時56分)では、「川越シェフの抜き打ち発掘レストラン 中野で発見! 激ウマ名店ランキング」と題して、お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん、若林正恭さん、料理人の川越達也さんが「ニコマル」(東京都中野区)を訪れた。

東京メトロ中野駅から徒歩9分ほどの場所にある同店は、昼は定食屋、夜は居酒屋として営業する店だ。 おすすめメニューである「豪快 野獣丼」は、牛、豚、鳥のすべての肉を豪快に丼にした、インパクト抜群の一品。 「豪快 野獣丼」の最大の特徴は赤みそであり、甘みとコクを出すために韓国みそと八丁みそをブレンドしている。 その自家製の赤みそを使い様々な種類の肉と香味野菜を一緒に煮込み、炊きたてのホカホカごはんに乗せて味わう事ができる。

「豪快 野獣丼」を口に運んだ川越シェフは「お、うまい! ネーミングが野獣丼って聞いたので、どんな感じかなってイメージしていたのですが、食べた印象は人のいい優しい野獣です。 みその加減もけして濃くないし、なめらかな舌触りで、ぼてぼてした感じがまったくなくて凄くまとまった煮込みになってますね」と称賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ニコマル(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:中野のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:中野×居酒屋のお店一覧
松本伊代のお気に入り! デートでも家族でも使えるフレンチカジュアルレストラン
ハンバーグの中にご飯!?関西鉄板焼き店オリジナルの「愛バーグ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP