ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北斗の拳・原哲夫「30年ぶりに30倍の超絶面白さ!」クセ者クリエイター陣が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を絶賛

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月15日から全米公開された、今年最も注目すべき映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。フランス、イギリス、韓国、ロシア、オーストラリア、ブラジル、メキシコをはじめ全世界40カ国で興行成績1位! この週末で過去作品それぞれの最終興行成績を上回る成績を記録。米の批評サイト「Rotten Tomatoes」では、99%という圧倒的な評論家の支持という驚異的な高評価を獲得し、興行&評価共に文句なしのオープニングを飾っています。

筆者もいち早く、映画を観させていただいたのですが、もうね「最高」の一言。トム・ハーディ格好良すぎ、マックス強すぎ、世紀末すぎ! で、映画を観ている間一瞬たりとも気が抜けない、酸欠必至の最強バイオレンスアクションなのだ!

そして、筆者と同じく一足お先に本作を鑑賞した日本のクリエイターたちからの絶賛コメントが到着。

『マッドマックス2』に多大な影響を受けたとされる「北斗の拳」の漫画原作者である武論尊氏は、「ヒーローは、絶望や荒廃の中からしか生まれない。監督が描きたいのは“絶望の中で生きるってすごいことだぞ”ってことだ」と、現代を生きる若者たちへのメッセージを受けとめたよう。

また、「北斗の拳」の漫画家である原哲夫氏は「30年ぶりに30倍の超絶面白さ!世界はまるで天国と地獄。MAD MAX2の衝撃にまた出会えるとは…ジョージ・ミラーありがとう!」と激賞しています。

その他にも、映画『るろうに剣心』の超絶アクションの立役者であり、筆者が個人的にも大ファンの日本アクション界の至宝・谷垣健治さんなど、豪華メンツからのコメントはどれも激アツ。読み逃しの無い様に!


「北斗の拳」漫画原作者 武論尊
ヒーローは、絶望や荒廃の中からしか生まれない。
今の若い子たちが、生きるということがどうゆうことか、生きる力がどういうことかを感じたらいいんじゃないかな。監督が描きたいのは「絶望の中で生きるってすごいことだぞ」ってことだと思うんだ。

「北斗の拳」漫画家 原哲夫
30年ぶりに30倍の超絶面白さ!世界はまるで天国と地獄。MAD MAX2の衝撃にまた出会えるとは…ジョージ・ミラーありがとう!

映画監督 樋口真嗣
いまだに影響を与え続けてきた30年以上前の衝撃…あの衝撃が帰ってきた…ワケじゃねえ!
あの衝撃が!いまなおその中心からエネルギーが放たれ続けていたんだッ!すげえ!
偉大なる70歳、我らが帝王、ジョージ・ミラー神のもとに集え!跪け!讃えよ!崇めよ!失望させるなッ!

ゲームデザイナー/「メタルギア」シリーズ監督 小島秀夫
これぞ、僕らが待ち望んだ正真正銘の『MAD MAX』!
これほどの狂喜に満ちたアクション映画は、誰も体験したことがないはずだ!

劇団☆新感線 主宰 / 演出家 いのうえひでのり
祝!!ジョージ・ミラー完全復活!!グォーッ!!アドレナリン大噴出!!文字通りのノンストップアクション!!
早くも本年度ベストワン決定か!?(俺の中で)いやあ、燃えます。

アクション監督 谷垣健治
すごいすごいすごい!!「マッドマックス」が1周半して、リアル「北斗の拳」になって帰ってきた!ちゃんと「肉食らって生きている人たち」による「生身感満載」の「超ハイカロリー映画」!2015年夏、人類はね、2種類に分割されますね。この映画を見たか、そうでないか。さあ、本気汁出まくりのこの映画を見てクルクルパーになろう!!

【関連記事】『るろうに剣心』激熱アクションの立役者! 谷垣アクション監督インタビュー「今の状況で次回作を作ったら死人が出ます」
http://getnews.jp/archives/764258 [リンク]

こちらもヒャッハー!→『マッドマックス 怒りのデス・ロード』特集ページ
http://getnews.jp/madmaxfuryroad

(c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP