ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでカップル!「ママっこ男子」 携帯に2ショット写真、恋人の手料理に「お母さんの方がおいしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お母さんと友達のように仲良しで、2人で頻繁にお出掛けする20歳前後の男子――。そんな彼らのことを「ママっこ男子」と呼ぶのだとか。5月16日に放送された「ウソ!ホント?マジで!?」(TBS系列)では、彼らの実態を調査していた。

年頃の男の子といえば親と口も利かない反抗期のイメージがあるが、番組で紹介された2014年の調査によると、高校生以上の男性で「母親と仲良し」だと思っている人は89%。意外にも母と息子の距離が近い様子がうかがえる。
赤レンガで一緒にパンケーキを食べた男の子も

東京と大阪で行った路上インタビューでは、19歳から21歳の男性が「ごはんやショッピングセンターに買い物に行く」と答えた。これから母と美容室に向かう男性の姿もあった。一緒にリュックを買いに行ったと答えた男性に、なぜ恋人と行かないのかと尋ねると、「彼女とデートするときに仕上げて行きたいので」と理由を話した。

免許合宿中に毎日母親からメールが来ていたと明かす男性は、デートスポットとして知られる赤レンガ倉庫で母親とパンケーキを一緒に食べたことも。月に5~6回は一緒に出掛けるといい、携帯の中には2ショット写真が入っていた。

トレンド評論家の牛窪恵さんによると、このようなママっこ男子が増えた背景には、ひとりっ子が増えたことがあるという。娘がいたらやりたかった「スイーツを食べに行く」「買い物に行く」といったことを、母親が息子とやりたがるようになったことがあるという。

実態をさらに知るために、23歳ママっこ男子・プロマジシャンの二村さんの密着取材も行われた。現在一人暮らしをしているが、多いときには毎週のように母親が訪れ、掃除や洗濯といった家事を手伝ってくれる。

母は息子の好きな手料理の持参も欠かさない。以前、恋人の手料理を食べたときには「お母さんの方が、もっとおいしいのにな」と思ったという。
ダレノガレ明美は「凄い素敵!」と声をあげたが

ある1日を追ってみると、母親の車で出かけ、商店街では服を選んでもらい、お金も出してもらう。ランチに入ったお店ではパスタをシェアし、デザートのアイスクリームをお互いに食べさせていた。最後は職場でマジックを披露し、感謝の気持ちのカーネーションを手渡すという場面があったものの、終始親子でべったりだった。

このVTRを見たスタジオのダレノガレ明美は、「凄い素敵です!ああいう男性がいい」と絶賛したものの、司会を務めた浅田舞からは否定的な声があがった。

「私はちょっと苦手かな。お母さんの方が料理おいしいって言われたら…ちょっとショックですし」

女性向けコミュニティサイト「ガールズちゃんねる」では、ママっこ男子に対して「キモい以外の何者でもない」「それらを世間ではマザコンと呼ぶんですよ」などと辛辣な意見が相次いだ。

「こんな男子と絶対結婚したくない! 恋愛中に発覚したらもひいてしまうし別れる。 こういう男子、将来困るだろうなー」
「結婚したら嫁姑問題やばそう。夫も姑側に回るパターン確実」
「ああ、ムリだわ。たとえ息子がいてもこんな風になりたいとは思わない。全然子離れできてないじゃん」

一方で、男子だけでなく「ママと友達気分で実家頼ってる女もキモイ」との指摘も。「若い女の子も母親と気持ち悪い位べったりな子が多いよ。男女関係なく依存し合ってる親子が増殖してるんじゃないの?」というコメントもあった。

番組でも、入社式にも親が同伴するというニュースが取り上げられていた。親子関係の変化は、母と息子だけではないのかもしれない。

あわせてよみたい:仲良し過ぎる親子に江原啓之が警鐘鳴らす
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。