ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovoのカメラスマートフォン「Vibe Shot」が中国で発売、意外と安い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo のカメラスペックに優れ、デザインもデジカメ風の Android スマートフォン「Vibe Shot」が昨日中国で発売されたのですが、予想以上の安さにネット上では注目を集めています。Vibe Shot は Lenovo K シリーズ伝統のアルミユニボディに、5 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや 64bit 対応の Snapdragon 615 1.7GHz オクタコアプロセッサなどを搭載しています。Vibe Shot のカメラは背面に 1,600 万画素(16:9)の裏面照射型 CMOS イメージセンサー、光学手ブレ補正機能、赤外線センサーによる高速 AF、RGB 3 色の LED フラッシュをサポートするなど、高いカメラスペックを備えています。また、背面のロゴを横向きにプリントして構えた時にデジカメのように見える外観も特徴です。Vibe Shot の中国価格は 1,799 元(約 35,000 円)。OPPO や BBK が出しているカメラ特化型のスマートフォンよりも安い模様です。ただ、中国市場向けにスマートフォンは Google Play に対応しないので、日本では満足に利用できないと思います。このほか、前面に 800 万画素の高解像度フロントカメラを搭載。シャッターボタンもあります。3GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 128GB)、2,900mAh バッテリーなども搭載しています。Source : Lenovo China


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、初のSamsung製Androidスマートフォン「Galaxy S6 Edge」を発表、5月29日に発売
ソフトバンクが「Xperia Z4」を発表、6月中旬に発売
KDDI、「TORQUE G01」のソフトウェアアップデートを開始、電話アプリでエラーが発生する問題に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP