体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知っておきたい!お賽銭の正しい作法や意味、そして金額は5円?10円?

14346fe9e65c502c6ea164b5e3d7b7fd_s

おばあちゃん子だったので、子供の頃から神社は身近な存在でした。神社の前を通るときは、神様にご挨拶するものだとよく言われたものです。

そのせいで今でも神社を見かけるとよくお参りするのですが、悩むのがお賽銭。五円玉がいいというのはなんとなくわかっていても、人によっては45円の方がいいとか、いやいや高いほどいいのだからお札が一番だという人もいて、実際のところはどうなのか考えたらよくわからなくありませんか?

気になったので早速調べてみました。

0cbbd389b2d6e53dc56b47d15bc5eb55_s

お賽銭の起源

現代では「お賽銭」といえばお金のことを指しますが、もともとはお米を白い紙でつつんだ「おひねり」が多かったのだそうです。

日本は昔は農耕社会だったので、秋になると稲作の収穫に感謝し神様にその年にとれた新米を奉納していました。このような風習にもとづきお米をおひねりとして普段の参拝からお供えするようになりました。その後、貨幣経済が浸透すると、お米や野菜など「物」をお供えする風習が徐々にお金に変化していったのです。

つまり、お賽銭とは願いを叶えてもらうための代金ではなく、神様に感謝の気持ちを捧げるためにお供えするもの、という意味なんですね。高ければいいというわけではないようです。(でもお金の初ものって・・・新札でいいのかな??)

54bc4588bec4c568e9b09b06d8182869_s

なぜ五円玉なのでしょうか?

もともと日本では、「穴あき銭は穴があいているから見通しが良い」と言われていました。加えて「五円(ごえん)=御縁」ということで、神様とよい御縁を結べるように祈ったようです。

日本の文化にはこのような「語呂合わせ」はとても多いのですが、調べてみるとお賽銭だけでもものすごい数がありました。

1枚(5円):「五円」と「ご縁」をかけて「ご縁がありますように」という意味になります。

2枚(10円):2枚の五円玉を重ねることで「重ね重ねご縁がありますように」という意味になります。逆に「ご縁が遠のく」という考え方も。

3枚(15円):15円(じゅうごえん)と「十分ご縁」をかけて「十分ご縁がありますように」という意味になります。

4枚(20円):4枚の五円玉で「よいご縁がありますように」という意味になります。

5枚(25円):25円(にじゅうごえん)なので「二重にご縁がありますように」という意味になります。

6枚(30円):「6」という数字が使われる「六角形」には安定と調和をもたらすと言われていることから、「安定と調和のとれたご縁がありますように」という意味になります。

7枚(35円):「3」と「5」で「再三ご縁がありますように」という意味になります。逆に「散々なご縁にあってしまう・・・」という困った意味あいの場合も。

1 2次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。