ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栗山千明 蜷川幸雄さんに「舞台の楽しさ教えてもらえた」と感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6年ぶりの主演映画『種まく旅人 くにうみの郷』で、アメリカ帰りの農水省のエリート官僚を演じた女優・栗山千明(30才)。モデルを経て女優として活動を始めてから、これまで『キル・ビルVol.1』といったハリウッド作品から、日本でも多くの映画、ドラマ、舞台で活躍している。彼女が、女優として飛躍するきっかけとは――。シリーズ企画「転機」の今回は、第一線で輝き続ける実力派女優・栗山千明に話を聞いた。

――女優として栗山さん自身、さまざまな転機があったと思いますが…。

栗山:毎回一つひとつ得るものがあるので、なにか一つというと難しいんですが…。パッと思いつくのが『ハゲタカ』というNHKの連続ドラマです。それまで10代では妖怪とか幽霊とか殺し屋とか、要はリアリティーのない役をずっとやってきました(笑い)。

 それはそれで楽しかったのですが、『ハゲタカ』で初めてリアリティーのある役、経済ジャーナリストでしたが、地に足のついた女性を演じることになったんです。

――毎日胃が痛くなるほど現場に行くのがつらかったそうですね。

栗山:役柄だけでなく、経済ものでしたので内容を理解すること自体がすごく難しかったんです。作品も重くまじめな話ですし、大先輩たちと一緒でしたので日々緊張しっぱなし。自分の気持ちを出しながら表現していましたが、芝居のアプローチがそれまでとはまったく違いました。それと、このドラマによってみなさんが抱く私のイメージも変わったのかなと思います。社会派のドラマに出たことで私の存在を知ってくださった人が増えました。個性的な役だけではなく、こういう役もやるんだ、と思った人が多かったと思います。
  
 もう一つ、転機として挙げていいのであれば、初めての舞台がそうです。蜷川幸雄さん演出の『道元の冒険』。ドラマと映画も違いはありますが、カメラを回されていることが同じだと思えば、大きく差はありません。でも、舞台は違う。カメラを向けられて映っているところだけが芝居ではない空間です。そこに置かれたときはすごく怖い。舞台をやる前まで、「舞台なんて恐ろしい。とんでもない」と思っていたんです。ところが、実際に飛び込んでみたら、舞台の作り方を知るきっかけにもなりましたし、自分の思いを届けたいという気持ちになれたんです。

――思いをお客さんに届ける、ですか?

栗山:テレビや映画だとカメラが撮ってくれたところが映し出されるわけじゃないですか。舞台では全体をお客様が見ているし、みんなが同じ所を見ているわけではありません。自分の思いをお客様に出す。そういう気持ちになる。こういうお芝居の仕方って、映画やドラマだけやっていては知らなかったと思います。

――そもそも初舞台は自分からやろうと思ったんですか?

栗山:いえいえ(笑い)。最初は舞台も蜷川さんも怖いし「ヤダー!」と(笑い)。ずっと「怖い怖い」と言ってました。稽古に行っても。でも、蜷川さんは実際はとてもやさしかった。何も知らない私に一から教えてくださいました。多分、蜷川さんは「舞台って楽しいでしょ」と教えたかったんだと思います。厳しいながらもとてもやさしくしてくださったので、私は舞台が怖いものではないと知ることができました。実際チャレンジしたら「あぁ、大丈夫だ!」という気持ちになれたんですよ。でも、もし最初につらい思いをしたり失敗したらもっと舞台が怖くなって一生やらなかったと思うんです。蜷川さんには初めての舞台で楽しさを教えてもらえた。だから、今も続いていると思います。

――蜷川さんには具体的にどんなことを教えてもらったんですか?

栗山:直接何かを言われたわけじゃないんです。私が怖い怖いと、まるで蜷川さんがなにか言ったら殺されるんじゃないかくらいビビっていたので、蜷川さんもそれをご存じだったんですね。直接何を言うわけではなかった。他の人にアドバイスしたり注意したりすれば、私がそれを聞いているだろうって思ってくださったようなんです。

 まぁ、私の勝手な推測ですが、蜷川さんは一人ひとりの性格や空気を読んで演出されているんじゃないかと思います。だから、ビビる私には直接叱ることはせず、どちらかというと「もっと自由にやっていいよ」とか背中を押してくださった。私は初めての舞台ということもあって、どうしても後ろに下がりがちだったんですね。共演者が前にいるほうが安心なので。そんな私に、蜷川さんは「前に出ろ、前に出ろ」と(笑い)。言われたのはそれくらいですかね。  

――実際、他の方に注意しているのを聞いて自分の悪い所を直していったわけですか?

栗山:はい。何事もそうですが、飛び込まないとわからないじゃないですか。飛び込んだときにやさしく教えてくれる人がいる環境だと私自身が変われるし、ありがたいなと思います。ドラマ『ハゲタカ』のときも同じですね。大友啓史監督に経済用語からキャラクターのそのときの気持ちまで細かく説明していただいた。そういうことを毎回丁寧にやってくださる監督さんってそうそういないと思うんですが、そのときの私が普通の役の経験がほとんどないということで、それを理解した上でやってくださったんだろうなと思います。新しいことにチャレンジするには勇気がいりますが、その時々に出会ったやさしい方々に支えられて少しずつ成長しているのかなと思います。

――共演者にもそういう方はいらっしゃいますか?

栗山:もちろんいます。映画やドラマだとシーンごとの撮影になるので、会わない方もいらっしゃるんですが、気づいたことでも言ってくださる方はありがたいと思いますね。本来、他人のことだから流していいのに、私のために言ってくださるわけですから。

――例えば、どなたですか?

栗山:ドラマ『ATARU』シリーズでご一緒したSMAPの中居正広さんや、北村一輝さん。最初、ドラマが刑事もので障がいのある青年がいて、と聞いたとき、あれほどコメディータッチが強いとは思っていなかったので、すごく戸惑いがあったんです。撮影に入ると、当日に台詞が足されたり「ここでコケます」と言われたり。「えー!?」と思うことがしょっちゅうあって、結構必死になってしまっていたんです。そんなときに中居さんや北村さんが「思い切ってやっちゃいなよ」って背中を押してくれたり、「ここはこうやったほうがいいよ」と一つひとつ教えてくれたり。ドラマの中では3人がチームのような感じでしたが、撮影でもチームのようにいさせてくれた。温かいなと思いました。  

――他にもいらっしゃいますか?

栗山:舞台では勝村政信さんかな。私が舞台に出たのはまだ3回ですが、蜷川さんの舞台で2回ご一緒しています。勝村さんはみんなの兄貴的な存在でもあるんですが、話しかけやすいんです。芝居で迷ったときに「どうですか」と尋ねると、「こういうふうにやっても面白いね、こうやってもいいよね」とヒントを与えてくださいます。舞台は稽古でずっと一緒だから、特にそうかもしれませんが、共演者をちゃんと見てくださっている。先輩方は本当に温かいですね。

――30才は転機になりましたか。なにか変わったことは?

栗山:変わると思ったんですが、案外変わらなかったというのが正直なところです(笑い)。二十歳のころは30才は大人だと思っていましたし、自然と大人になっていくものだと思っていました。でも、自然には変わらないんだとわかりました。自分で意識していかないと変わらないんですよね。

――変わりたいと思っていることはあるんですか?

栗山:私はいつまで経っても自分が年下だと思っているところがあります。でも、年齢的にはそうではないので、現場ではしっかりしないといけない、と思いますね。自分より年下の役者さんやスタッフさんと一緒にお仕事をして、楽しいと思ってくれるような存在ではありたいんです。私は末っ子で、従兄弟の中でも一番下。5才の頃からモデルの仕事を始めたので、現場でご一緒するのはずっと年上の方ばかりでした。それに慣れ過ぎているので、逆に、年下の人と一緒になると「なにかしてあげなくては」と変に力んじゃうところがあるんです。

 でも、自分だったらと思うと、ふつうにしていることが楽じゃないかなと。私も先輩方がふつうに接してくれたり、「飲もうよ」と誘ってくれたりしたことがうれしかったですし。飲みに誘うまではいかなくても、後輩たちにラフに接することによって楽しんでもらえるのではないかな。そう考えると、楽しいムードを自分から作れるような大人になりたいと思っています。

――30才になって結婚観や恋愛観の変化はありましたか?

栗山:変わらないですねぇ。でもひとつ言うと、忙しいからかもしれませんが、一人の時間作りたいと思うんですよ。現場に行けば大勢の方と一緒に仕事をしているので一人になる時間はありません。家に帰っても母と住んでいるので一人の時間はつくらないとまったくない。せかせかした日常のなかで、自分のために自分だけを思って過ごす時間を大事にしています。だから、一人で食事に行くこともあります。そう考えると余計、結婚とか恋愛は当分なさそうですね。

――最近は芸能界でママになるタレントさんが増えていますし、周りでも多いのでは?  

栗山:確かに高校や中学時代の同級生だとママになっている友人はいます。でも、私の周りの同業者はそんなにいないので、焦りも感じません。それよりも、今はまず自分の時間を大切にしたいですね。

【栗山千明】
1984年10月10日生まれ。モデルを経て1999年に『死国』で本格的に女優デビュー。2000年『バトル・ロワイアル』、2003年『キル・ビルVol.1』と話題作に出演。2004年『下弦の月〜ラスト・クォーター』で初主演。2007年は映画『エクステ』、連続ドラマ『ハゲタカ』、『特急田中3号』に出演。2010年OVA作品『機動戦士ガンダムUC』の主題歌である『流星のナミダ』で歌手デビュー。2011年主演ドラマ『秘密諜報員エリカ』、『塚原ト伝』、NHK連続テレビ小説『カーネション』の3本が同時期に放映。2012年ドラマ『ATARU』、2013年映画『劇場版SPEC』シリーズ、『図書館戦争』、今年10月には『図書館戦争 THE LAST MISSION』が公開予定。多方面で活躍中。

【映画『種まく旅人 くにうみの郷』】
淡路島を舞台に、人と自然の再生を描いた感動作。アメリカ帰りの農水省官僚の神野恵子は、日本の第一次産業の現状を調べるために淡路島へ向かう。たまねぎ農家の豊原岳志と、海苔の養殖を行う豊島渉の兄弟をはじめ、島の人々と交流するうちに、次第に恵子に変化が…。
監督:篠原哲雄 出演:栗山千明、桐谷健太、三浦貴大、豊原功補ほか。5月30日から全国公開

撮影■浅野剛 メイク■HIROTAKA(LYDIA PRO)  スタイリスト■ume 


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
演出家・蜷川幸雄 山本裕典は「鍛えがいのある俳優」
宮沢りえ 母が亡くなった当日もプロ根性で素晴らしい演技
10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP