ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本一生氏の「やらせ告発」の数々に便利屋運営会社が回答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 便利屋の全国チェーン「便利屋!お助け本舗」(以下「お助け本舗」)の取締役を今年3月まで務めた坂本一生氏(44)は、週刊ポスト(5月22日号)誌上で衝撃の告白をした。「お助け本舗」がNHKの人気番組『ドキュメント72時間』(毎週金曜・夜10時55分~)の取材を受けた際、「やらせ行為」をしていたと暴露したのだ。撮影に関わった仕事の依頼者はいずれもスタッフの知人であり、「夜中に風呂場のナメクジを取る」という依頼のためにナメクジをセットしたこともあったという。

 だが、「やらせ」はNHKだけではなかった。坂本氏はテレビ朝日系『いきなり!黄金伝説。―特別編 2泊3日便利屋!お助け本舗密着生活』(2012年6月17日放送)で「恋人が来るので3時間で片付けてほしい」という依頼について、依頼者はNHKの番組でナメクジを除去した同社の社員で、「ゴミ部屋の捏造」が行なわれたことを告発。また、TBS『キスマイフェイク』(2014年2月6日放送)でも依頼者は同社の社長の妻でや撮影場所は社長の自宅だったという。読売テレビ『す・またん!』(2014年1月27日放送)では、オーストラリアに住みハウスクリーニングの会社を営む坂本氏の兄に依頼し、「架空の海外支店」を登場させたことも明かした。

 坂本氏の告発に「お助け本舗」はどう答えるか。運営会社社長のA氏が書面で回答した。

『いきなり!黄金伝説。』でNHK番組での「ナメクジ駆除社員」が依頼者だったことについては、「撮影当時、当社の社員ではなく、撮影後に自ら便利屋を行ないたいと申し出があった」と回答。また、外から「ゴミを部屋に入れた事実は一切ありません」とした。

『キスマイフェイク』でA氏自宅が舞台だったことは「事実です」と認めている。

 オーストラリア支店については、坂本氏と言い分が異なった。

「元々、坂本氏の兄が当社の仕事と重複するハウスクリーニング業をオーストラリアで行なっており、坂本氏の提案を受け現在に至っております。依頼としては成約しておりませんが、同国でのご相談を何度かお受けしております」

 坂本氏の兄の会社は、いわばフランチャイズ加盟店であるという主張のようだ。そこでオーストラリアにいる坂本氏の兄に電話取材すると、こう答えた。

「弟から『(同社)相談役のBさんに頼まれた』といわれ手伝いました。うちの会社のスタッフがユニフォームを着て撮影し、写真を送りました。お助け本舗からは仕事も貰っていませんし、契約も結んでいない。弟も会社を去ったのでHPからも消して欲しいです」

 坂本氏のいうとおり、番組内容がウソで塗り固められていたら、テレビ局はまんまと騙されたということになる。しかし各局とも検証したり、視聴者に説明したりする気はないようだ。

「坂本一生氏の当時の様子をクイズ形式で取り上げたバラエティ番組です。それ以上お答えすることはありません」(TBS)

「番組担当者や、取材対象者に事実関係等を確認致しました。ご指摘の内容については把握しておりません」(読売テレビ)

「事実関係を確認しているところです」(テレビ朝日)

 坂本氏が悔恨の念をこめていう。

「同じスタッフや住宅が依頼者として何度も登場していましたし、いつも“今度こそバレるんじゃないか”と冷や汗の連続でした。もうこんな嘘に塗り固められた生活は送りたくない。すべて吐き出した上で、テレビ局の皆さんにも、視聴者の皆さんにも改めて謝りたいと思います」

 日本を代表する大メディアが、ここまで原始的なやらせ、仕込みを堂々と放映していたとすれば、それこそ自民党に呼び出されて吊るし上げられそうな話である。「ウソでもいい」は日本のテレビ界全体の悪習なのだろうか。

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
坂本一生氏 勤務していた便利屋のNHK番組でのやらせを告発
坂本一生 勤務していた便利屋の捏造告発「年収2000万も嘘」
坂本一生氏 NHK以外にテレ朝やTBSでも「やらせ」の過去告発

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。