ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元KARAの知英 アジア、欧米など世界中で仕事したいと目標語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「楽しかったことも、つらかったことも含めて、とても、大切な思い出です」

 昨年8月、活動の場を日本に移し、本格的に女優業を始めた知英(ジヨン・21)は、人気ガールズグループ、KARAのメンバーとして過ごした6年をこんな言葉で振り返った。

 1年先までビッシリと埋め尽くされたスケジュール表。充実感はあった。だがふと気がついたとき、自分は何を目標にしたらいいのか、知英はわからなくなっていた。

「これから先のことを考えるため、4か月間、イギリスに滞在したんですが、そこで見たもの、聴いたもの、体験したことのすべてが新鮮で。今までに感じたことのない自由がそこにありました」(知英・以下「」内同)

 引っ込み思案だったはずなのに、イギリスでは、1度会った人とすぐに仲よくなれた。

「ひとりでは電車も乗ったことがなかったんですが、“よっしゃ、行くぞ!”みたいな感じでチャレンジして(笑い)」

 これからどうしよう? 悩んでいる自分が新鮮だった。そうして決めたのが、日本で女優を目指して再出発するという道だった。

「言葉の壁も乗り越えなきゃいけないし、演技のことなど、勉強することもたくさんあります。でも自分自身で描いた夢だから、自分を信じて前に進んでいくしかないです」

 ドラマ、映画、モデル、ラジオのパーソナリティー…と、相変わらず多忙な日々を送っているが、知英の目は、今、5年先、10年先をしっかりと見つめている。

「まずは日本のかたに、“元KARAのジヨン”ではなく、“女優の知英”として認めてもらうことが目標で。そこから先は、アジア、アメリカ、ヨーロッパ…世界中で仕事ができたらと思っています」

※女性セブン2015年5月28日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
知英 積極的な雪女役に「プライベートでできない行為かも」
『モテキ』出演の仲里依紗 金ドレス以上に輝く美脚にクラクラ
難読漢字「度」を3文字で何と読む? 宮崎美子からの挑戦状

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP