ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チケットは水曜の夜までに購入しよう。あなたの旅を劇的に変えてくれる「14の節約術」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LCC(格安航空会社)やさまざまな比較サイト、旅のウェブサービスによって、海外をまわるコストは圧倒的に下がりました。
格安で海外をまわれるようになった今、さらに”1円”でも安くしたいと思うバックパッカーに、節約術を紹介します。
一つひとつは小さな節約でも、積み上げていくと雲泥の差が生まれてくるもの。
これから海外にでるアナタ、ぜひお試しあれ。

01.
航空券の購入は、
水曜の夜が狙い目!?

まずは航空券を格安でゲットする方法。米女性ライターのStephany Zoo氏が、自身の記事内で3つの方法を紹介しています。
ひとつめは航空会社のTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアをフォローすること。これはセール情報などを逃さないため。
ふたつめは、航空券のセールは木曜までに終わってしまうことが多いので、水曜の夜までに予約を終わらせるようにしておくこと。一般的に月曜日から新しい航空券が販売され、火曜日にセール情報が公開されます。そして、水曜日は他の航空会社と比較した結果、価格が下がることが多いというわけです。
最後に、火曜のフライトは通常の15~25%ほど安くなることもあることも覚えておきたいところ。航空チケットが一番購入されるのは週末で一番購入されない傾向にあるのが火曜日。だから、安くなりやすいんだとか。

 02.
航空券を探すときは
hopper.com を使おう

航空券の最安値を検索出来るサイト「hopper.com」をご存知でしょうか? 出発地と目的地を入力して検索すると「いつ航空券を買うと安いか」「いつ渡航すればよいか」を、6ヶ月先までのデータから検索してくれる便利なサービスです。
検索結果に出てきた航空会社が気に入らない場合も、それ以外のルートや航空会社も教えてくれるので◎。

03.
通信料も格安で
スマホはSIMフリーを使用

旅先からInstagramやTwitter、Facebookで近況を更新したい。でも、通信費が高くなってしまう…。そんなあなたに、旅のアイテムとしてSIMフリーのスマホをオススメします。日本のスマホを日本の通信会社のまま使用すると、とてつもない金額になります…。
SIMフリーのスマホを使用し、旅先でSIMカードを購入することで現地の価格で通話とネットができるのです。ちなみに、2015年5月以降に国内で発売されるスマホは、原則的にSIMフリーに。これから購入する人は、事前にチェック。

04.
電話をするときは
“ネット電話”で格安に

また、海外へ電話をするときは、Google VoiceかSkypeを使用することで、大幅に節約が可能。
また、LINEにも注目。日本の友だちや家族、恋人と話をしたいときはカフェやホテルなどでWi-Fiをつなぎ、LINE電話を使用すれば無料通話ができます。
前述のように、SIMフリーのスマホなら、現地のネットワークとつなぐことができるので、Wi-Fiを探す手間が省けます。

05.
必要なものは意外に少ない!
荷物は”機内持ち運び”サイズで
(パッキング動画アリ)

とくにLCCなどの格安航空券を購入の際は、荷物のサイズや量によっては追加料金がかかってしまいます。旅のコストを考えると、荷物は機内に持ち込めるサイズにまとめることをオススメします。
持ち込める大きさにするために、出かける前に持ち物リストを作り、現地で購入できるものは除きましょう。また、荷物は洋服のたたみ方次第で非常にコンパクトになります。動画では「そんなに入らないのでは?」と思ってしまうほどの荷物の山を、手際よくバッグにまとめています。

Reference : Tom Ayzenberg

06.
カードを有効に使おう!
学生の国際学生証は必須

「YHカード」(ユースホステルカード)や「VIPカード」(バックパッカーズカード)などを持っておくと便利。割引価格で提携している宿に泊まることが可能になる便利なカードなのです。
また、学生の方は国際学生証を持っていくと、多くの美術館や博物館などの入場料が割引になります。日本でもつくることができるので持参していきましょう。詳しい情報は全国大学生協連のサイトでチェックしてください。

07.
無料宿泊できる!
“宿泊モニター”になろう

豪華なホテルに泊まってみたい。そんなときは宿泊モニターになってみては?  宿泊モニターになれば、豪華なホテルを無料で泊まることも。ただし、宿泊体験をレポートして記事を書くことが必須条件。
人気のホテルや旅館は、宣伝のために宿泊モニターを募集しています。日本の宿泊モニター情報は「旅モニ」からチェックできます。

09.
クラウドファンディングを使って…
旅の資金提供者を探す

もしもあなたが野心溢れる若者で、あなたの旅に魅力的で面白いテーマがあれば、出資してくれる人がいるかもしれません。「READYFOR」や「CAMPFIRE」といったクラウドファンディングのサイト上でプロジェクトを立ち上げて、それに賛同してくれる複数のパトロンがお金を提供してくれることも。ちょっとハードルは高いですが、挑戦したい人はぜひチャレンジしてみてください。

10.
CouchSurfingを使って
無料で宿泊する

宿泊費を節約したいなら「CouchSurfing」を利用してみてはいかがでしょうか?
これは旅行者と現地の人をつなぐwebサービス。お互いが合意の上で、宿泊させてもらったり、提供することができます。無料の短期ホームステイをイメージするとわかりやすいかもしれません。
プロフィールを登録すると、自宅を宿泊先として提供している人(ホスト)を検索することができます。ホストは滞在先だけでなく、食事まで提供してくれることも。いまでは世界中のありとあらゆる都市にホストが点在しています。
ただし、注意点として、無料で宿泊できるものなのでその分ホストに気を遣わなければなりません。彼らが無料で泊めてくれるのは、海外の人と交流したいから。Couchsurfing利用時は、ホストとのコミュニケーションの時間を大切にしましょう!

11.
公共のバスなど
安い移動手段を利用

日本に比べると、ほとんどの国はタクシーの金額も圧倒的に安価です。
ですが、旅のコストを下げたい時は、タクシーよりも、バスや電車といった公共交通機関を利用すること。当たり前ですが、現地の人々の生活を垣間みれるというメリットも。いわゆる観光旅行とは違った体験ができるかもしれません。

12.
格安の移動法
“カーシェアリング”を実施

とくにヨーロッパでは、どんなに旅費を節約しても、移動費が高さに閉口することも。
そこで、試してみる価値があるのが、カーシェアリングサービス。ヨーロッパではかなり普及しています。
助手席や後部座席が空いているドライバーが「ロンドンからパリにいくけど、後部座席が空いているから後ろに乗りませんか?」といった具合で乗客を募集しています。いわば、ネット上のヒッチハイクのようなものです。サイトはいくつかあるのですが、例えば「Rideshare」や「Carpooling」などが人気高。
ただし、治安の悪い場所での利用は注意しましょう。

13.
ガイドブックや映画は
すべて電子版で

例えば、世界で最も有名なガイドブック「Lonely Planet」は、電子版が発売されており、紙の本より価格も安くなっています。また、映画を何本もHDDの中に入れておけば、空港の待ち時間は楽しくなります。すべて電子にすることで、荷物がかさばらないというのも魅力的。

14.
現地で働いたり…
格安で長期滞在する方法

 

WWOOF」をご存知でしょうか。このサービスは、農業体験や地域社会活動の手伝いをする代わりに食事・宿泊場所を提供してもらえるというもの。少し敷居が高いかもしれませんが、濃厚な体験が待っているでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

「ダサい観光客」にならないために!女子旅に必ず持って行くべき「8つのアイテム」
「アイスクリーム」を配りながら、全米を横断する3人の若者。その意外なワケとは?
【第3位には日本の島も!】安藤美冬がオススメする、素敵な「世界の島BEST5」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP