ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今でも魅力的なシャープ製品 お茶メーカーにふとん掃除機も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 度重なる業績悪化で深刻な経営危機に陥っているシャープ。かつて飛ぶ鳥を落とす勢いで増産していた液晶テレビも、今では主に高精細パネルを他社に外販して稼ぐ「部品メーカー」に成り下がっている。

 だが、シャープの長い歴史を紐解けば、創業者の早川徳次氏が「他社に真似される商品をつくれ」と号令をかけ、オンリーワンの製品づくりに心血を注いできたメーカーだった。

 シャープペンシルの開発をはじめ、鉱石ラジオ受像機、白黒テレビ、ターンテーブル式の家庭用電子レンジ、電卓(電子式卓上計算機)……、国産第一号となる斬新な商品を次々と生み出してきた。

 もちろん、現在でも規模は小さいものの、消費者向けの白物家電で健闘している製品はある。そこで、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏に、最近魅力的なシャープ製品6機種を挙げてもらった。

●お茶メーカー「ヘルシオお茶プレッソ」(実勢価格/2万7800円)
 お茶をすりつぶして「粉茶」を作り、健康食品として注目されている茶葉の栄養素を丸ごと摂取できるのが魅力のお茶専用メーカー。コーヒーや紅茶ではなく、「緑茶」(もちろん紅茶や緑茶を挽くこともできる)に着目したオンリーワン製品。

●スロージューサー「ヘルシオジュースプレッソ」(実勢価格/3万円)
 健康に配慮した“コールドプレスジュース”だけでなく、新たに冷凍した果物や野菜で「フローズンデザート」や「フローズンサラダ」を作れるスロージューサー。健康に配慮した「ヘルシオ」ブランド製品として高い人気を誇っている。

●デジタルコードレスファクス「Fappy(ファッピィ) UX-AF90CL/CW」(実勢価格/2万2300円~3万1600円)
 未登録の電話番号に自動応答メッセージを流し、さらに自動録音を行うなどによって年々被害が拡大する“振り込め詐欺”への対策を実施してくれるコードレスファクス機。「自動聞いてから応答」や「あんしんLED」「自動通話録音」など、振り込め詐欺対策に役立つ7つの機能を搭載している。

●天井設置型プラズマクラスターイオン発生機「IG-GTA20」(実勢価格/1万4700円)
 トイレのE26口金(一般的な電球用ブラケット)に設置するだけで、プラズマクラスターイオンによってトイレ内の除菌・消臭をしてくれるLED照明内蔵イオン発生器。人感センサーによって照明を自動的にオン・オフしてくれるので、電源を取れない、取りにくいトイレなどの場所でも使えるというのが画期的なポイント。

●プラズマクラスター除湿機「CV-EF120」(実勢価格/4万7700円)
 衣類乾燥機能を強化したモデルが人気を博している中で、それに加えてプラズマクラスターイオンとHEPAフィルターによる空気清浄機能というオンリーワン機能を備えた除湿機。花粉症やPM2.5などの影響で「部屋干し」をせざるを得ない人にとって強い味方になっている。

●ふとん専用掃除機「Cornet(コロネ) EC-HX100」(5月21日発売/実勢価格/4万2900円)
 約40℃の温風を吹き付けることでダニにとって不快な環境を作り、ふとんの繊維にしがみつくダニを吸引しやすくするふとん掃除機。同ジャンルは韓国ブカンセムズ社が開発した「レイコップシリーズ」が大ヒットしているが、シャープ製はダニの死がいやフンなどのアレルゲンだけでなく、ただ吸引するだけではなかなか取れない生きたダニを吸引できるのが魅力。

 安蔵氏によれば、「白物家電は全体的にがんばっているのですが、テレビをはじめとするデジタル家電はそれほど強いプレゼンスを見せられていないのがシャープの現状」だという。

 シャープの自社ブランド製品がどこまで消費者の心を動かし、業績回復に貢献させられるか。今後の新製品にも注目だ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
2010年は自分磨きに精を出す「肌ツヤ男子」が急増した
不動産バブルが起きて弾けるまでのメカニズムを大前研一解説
節電・節水など エコトレンドに注目の「オールインワン」商品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP