体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画館・サウナ・クラブラウンジまで?世界のユニークな空港まとめ6選

Image 1 - The new icon of Changi Airport

例えば、羽田空港。保育園やペットホテルも併設されているし、結婚式を挙げることだって可能です。 いまや空港はアミューズメント施設並み。そのトレンドは日本国内にとどまりません。世界にはユニークな施設を備えた空港がたくさんあります。

01.
シャワーだけじゃ生ぬるい
多彩なサウナで疲れも吹っ飛ぶ?

shutterstock_229232260

※画像はイメージです。

欧州各国への乗り継ぎが多く、一部では“ヨーロッパの玄関口”とも言われているフィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港。2014年に完成したこの空港のプレミアムラウンジは、北欧デザインを踏襲したとってもお洒落な空間が好評です。 が、一番の注目は「フィンエアースパ&サウナ」。
ラウンジにシャワーが付いているのは珍しくありませんが、サウナまであるとは、さすがフィンランド! しかも、フィンランド式サウナ、ドライサウナ、スチームサウナと種類も豊富。これなら、退屈なトランジットも大歓迎ですよね。

Reference : Helsinki-Vantaan lentoasema

02.
空港内でハイキング!?
人工の森林と滝が完成間近

現在、シンガポール・チャンギ国際空港内では「プロジェクト・ジュエル」が進行中。空港内に人工の森や谷を作ってしまおうという壮大な計画です。
完成予定は2018年。まだ全貌は不明ですが、すでに公表されている完成予想図からは、「巨大なドーム型の建物である」「その中には何千本という植物が配され、ハイキングやショッピングが同時に楽しめる」「しかも、建物中央には地上5階という落差の滝がある」といったことがわかっています。
設備・サービスの充実度から、しばしば“世界一の空港”と評される同空港。「ジュエル」完成時には、その評価はさらに揺るぎないものとなりそうです。

Reference :Changi Airport

03.
世界中が注目!
“電子タバコ専用スペース”が登場

Reference : Gamucci

タバコと違って煙や灰ではなく、「VAPOR(水蒸気)」を出すのみ。いま人気の電子タバコ「VAPE」専用のスペースが、ロンドン・ヒースロー国際空港にあります。
日本ではまだまだ話題に上ることも少ないVAPEですが、海外、とくに欧米での人気は想像以上。あのレディー・ガガが愛用しているとか、売り上げが前年比で150%UPしたなんてことも言われています。
それにしても空港に専用スペースが設置されるとは、いかにVAPEが、ライフスタイルに浸透しているかが伺えます。

04.
ビジネスマンの強い味方
カプセルホテルが空港に!

_B5A9207

※画像はイメージです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。