ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩けばドラマの主人公気分!?ソウルの“空中庭園”がロマンティックすぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

花と緑がひしめく“天国”のようなこちらの光景。

これは2017年に完成を予定している「ソウル駅高架公園」のイメージ画像。

公募作品のなかから最終的にコンペティションを勝ち抜いたのは、世界的な建築・都市設計会社「MVRDV」の創立者であり、同社の代表を務めるヴィニー・マース氏のプロジェクト。

「Seoul Skygarden(ソウル・スカイガーデン)」と命名されたこのプロジェクトは、ソウル駅周辺の高架道路を自然あふれる公園に変える計画で、ソウル駅や南山(ナムサン)、南大門市場といった周辺の名所との連結を予定している。

このデザインのおもしろさは高架道路を上、または下から眺めたとき、巨大な樹木に見えるよう設計したところだそう。

上空からの完成イメージを見ると、カラフルな“植物の道”が地域全体に張り巡らされたことで、街全体が生き生きとしたクリーンな印象に。

またプロジェクトの中には、ニューヨークの高架橋プロジェクト「High Line(ハイライン)」のように、住民たちの憩いの場として利用できる“カフェ・スペース”や“サン・デッキ”“噴水”などのアイデアも盛り込まれている模様。

2年後に実現すれば、ソウルの街を訪れる観光客にとっても注目の場所になりそう!

四季折々の自然が溢れる散歩道、あなただったら誰と歩いてみたい?

MVRDV(Seoul Skygarden)
http://www.mvrdv.nl/en/projects/seoul-skygarden

デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP