ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故・B.B.キングの再生数が9,800%急増、Spotifyが発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “ブルース界の巨匠”、B.B.キングが5月14日に亡くなったことを受け、その膨大なカタログを見返そうとファンが殺到しているようだ。音楽ストリーミング配信サービスのSpotifyによると、B.B.キングの作品のストリーミング再生数が過去24時間で9,800%も急増したというのだ。

 その名高いキャリアにおいてキングは、米ビルボードの“ブルース・アルバム・チャート”に25作品を送り込んでいる。そのうち9作でNo.1を獲得しており、その中には48週間トップの座についたエリック・クラプトンとの共演アルバム『ライディング・ウィズ・ザ・キング』などがある。

 89歳でのキングの死を伝えるニュースは、ソーシャルメディア上で瞬く間に広がった。ラスベガスの自宅で眠っている間に安らかに息を引き取ったキングに対し、エリック・クラプトン、ジョン・メイヤー、ケリー・クラークソンなどのアーティストが哀悼の意を表している。

関連記事リンク(外部サイト)

#BBMAs <トップ・ホット・100・ソング賞>はメーガン・トレイナー「オール・アバウト・ザ・ベース」に 2冠を達成
#BBMAs <トップ・アーティスト賞>はテイラー・スウィフト 自身最多タイの8部門を受賞
アウル・シティー、新ALを7月10日リリース&フジロック出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP