体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お部屋訪問】総合エンターテイメント施設・水野しず編

友だちの部屋に遊びに行くような感覚で、有名人の部屋に上がりこんでみたい……。そんな妄想から始まった当連載。第9回目の訪問先は、自身で「総合エンターテイメント施設」を名乗っている水野しずさんの部屋だ。

水野さんはどのような部屋に住んでいるのだろうか?

水野さんはどのような部屋に住んでいるのだろうか?水野しず

1988年12月19日生まれ。岐阜県出身。武蔵野美術大学中退。アイドルオーディション「ミスiD」2015グランプリ受賞。雑誌『TRASH-UP!!』でマンガ連載をしており、アイドルでありマンガ家でもある。最近では、アイドルユニット「LADY BABY」の作詞をするなど、活動は多岐にわたり、自身のことを「移動式の遊園地のような楽しい人になりたい」とのことから、「総合エンターテイメント施設」と名乗っている。父親は酒造メーカー「三千盛」(みちさかり)の代表取締役社長を務める水野鉄治。「変化をしていかないと、生きていることにならない」

02_IMG_0288

水野さんは現在、杉並区の賃貸アパートに住んでいる。以前は、通学していた武蔵野美術大学のある小平市に住んでいたようだが、3年ほど前に越してきたらしい。

「新宿まですぐ行けるところで探していました。不動産の方に、なるべく日当たりの悪い部屋をお願いしたら、『日当たり悪くて大丈夫なの? だったらいくらでもありますよ』と。そのなかでもこの部屋を選んだ理由は、駅から近いという好立地に比べて、家賃が安いところ。本当にこだわりがないので、30分ほどで決まりましたね」

まさか日当たりの悪い部屋を好む人がいるとは……。

「日の光が嫌いなんです。シャッターと遮光カーテンで塞いでいるぐらいですから」

01_IMG_0320

ちなみに現在は、部屋の片づけの途中だという。 

「自分の生活空間は、社会的規範に則った正しくてまっとうな生活の“逆”をしているはずだったのに、それらが無意識に入り込んで水みたいに浸透してきていて、気がついたら部屋の中がベタベタでした。もう少し感性がぼーっとしている状態だったら、そういう生活に飲み込まれて、もっといろんなことを鈍らせていたと思う。もうベタベタで乾かすこともできないから、排除をしていかなければならず、モノを捨てはじめました」

 「片づけ」一つとっても、水野さんの哲学が表れている。変化をしていかないと、生きていることにならないそうだ。

水野さんの作品たち

水野さんの作品たちインテリアのこだわりは?

だいぶ捨てたとはいえ、物が多くある水野さんの部屋。こだわりについて聞いてみた。

06 _IMG_0342

本棚にはマンガやエッセイ、雑誌、ビジネス書などさまざま

05_IMG_0271
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。