ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一青窈、“100年続いた”ハナミズキと対面、都立園芸高校式典で「ハナミズキ」熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月15日、一青窈が都立園芸高校に招かれ、ハナミズキ百年祭の事業の一環として開催された式典に列席、樹齢100年のハナミズキ原木と対面し、「ハナミズキ」を熱唱した。

日本がアメリカへ日米友好の証として桜を贈った返礼としてハナミズキが贈られてから100年目となる今年。その当時の苗木40本のうち、現存が確認できる最後の1本が、東京都立園芸高等学校で育っている。樹齢100年のハナミズキ原木と対面を果たした一青窈。さらには、日本にまだ2本しかないという“スターライト”という新種のハナミズキの苗木を植樹。

その後、生徒3名、校長、教諭たちを交えてトークを展開。ハナミズキ原木について、「ご老体なのにすごく元気だなと思って、あれぐらい長生きしたいなと思いました(笑)」と一青。自身の高校時代について聞かれると、「劇団を作っていて中学校から劇団の音響を担当し、たまに出演したりして文化祭はいつも演劇をしていました」。園芸科・動物科・食品科がある園芸高校の印象を聞かれると、「マンガ『動物のお医者さん』とか『銀の匙』とかのようなすごく人間らしい学校というイメージですね。生きているものに触っているから、生き生きのびのびと学ばれている印象です」。終始和やかにトークを進め、ハナミズキ植樹への感想では、「命に関わらせていただいたという感じで身が引き締まるような思いです」と語った。

「園芸高校と園芸高校を好きな人が、百年続きますように。」と一青の掛け声から「ハナミズキ」を披露。次第に式典参加者総勢約500名の大合唱となった。世代を越えて、緑豊かなこの百年の森に歌声が響き渡った。歌唱後は、校内のバラ園で栽培されている希少な美しいバラや記念の品などが贈られ、とてもあたたかいもてなしを受けた式典となった。

なお、高校用外国語教科書「Genius English CommunicationⅡ」(大修館)の中で、日米交流の象徴である桜とハナミズキの歴史と共に、一青窈の「ハナミズキ」の歌詞に込められた、平和を強く願う祈りの歌ということが綴られている。

撮影:依田純子

関連リンク

一青窈オフィシャルサイト:http://www.hitotoyo.jp/
一青窈オフィシャルFacebook :https://www.facebook.com/hitotoyoofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP