ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初心者でも大丈夫!ゲームを“作って遊べる”ガジェットが人気爆発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Arduboy8ビットゲームを自作して楽しめるゲーム機「Arduboy」が、資金調達サイトKickstarterに登場した。

・無料ゲームも豊富

Arduboyはクレジットカードほどの大きさで、画面は有機EL。十字ボタンと2つの赤ボタンがついているというかなりシンプルな作りながら、ちゃんとゲームが楽しめる。

さまざまな無料ゲームがプラットフォーム「Arduboy Arcade」に用意され、ユーザーはここから自由にゲームを選べるようになっている。

Arduboy2・初心者でもゲーム作成!

また、Arduboyの特徴が、そうしたゲームを編集できること。

プログラミングに興味はあるけれどやったことない、という人でも大丈夫。ステッブバイステップの案内もあるので、気軽にチャレンジできるのも売りだ。

Kickstarterではすでに目標額の10倍の資金を集めているので、商品化はほぼ確実。今なら39ドルの出資で入手でき、ゲーム好きは要チェックだ。

2つセットだと69ドルとさらにおトクになるので、ゲーム仲間と共同で入手して、互いの自作ゲームを一緒に楽しむというのもありかも。キャンペーンは6月10日まで。

Arduboy/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。