体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

井の頭公園にお土産やさんをつくろう! ~有志によるプロジェクトがスタート

生活・趣味
井の頭公園にお土産やさんをつくろう!

東京は吉祥寺に、まもなく開園100周年を迎える井の頭公園があります。ジブリ美術館があるところ、日本最高齢のゾウのはな子がいるところ、カップルでボートに乗ると別れるという都市伝説があるところ、赤と白のボーダー姿が有名な某漫画家さんが出没するところ、といえば伝わりますでしょうか。漫画『ろくでなしBLUES』で、前田太尊の兄貴も近眼で池ポチャしていましたっけ。

そんな都内でも有数の知名度を誇る井の頭公園は、いつも大勢の人で賑わっています。桜が美しいお花見シーズンのみならず、毎週土日は大道芸人さんやハンドメイド作家さんらが集うアート・マーケットが開催されていることもあり、遠方から来られる方も少なくありません。近年はアジアからの観光客も平日休日問わず見かけるようになり、じわじわと国際色が強まりつつあります。

お花見シーズンの井の頭公園

桜が美しいお花見シーズンは特に大にぎわい

ある意味で観光地化している井の頭公園ですが、実はこれまで不思議なことに「お土産やさん」がありませんでした。もちろん軽食がとれる売店はありますし、カフェやコーヒーショップも園内にあります。公園のすぐそばには色んな雑貨店もあるにはあります。ただ、「井の頭公園に行ってきました」とお友達に手渡せる、分かりやすいお土産や記念品がどこにも売ってないんです。

これから2020年の東京オリンピック開催に向けて、ますます海外からの旅行者は増えるものと思われます。ザ・東京を味わえる浅草や築地、渋谷とは一味違う、なんでも日本人がもっとも住んでみたいと憧れているらしい吉祥寺とやらをこの目で見てみよう、そんな外国人の方々も少なくないはず。それなのに、せっかく訪れても行った証拠になるような記念品が販売されていない。もったいないですよね。井の頭公園を、吉祥寺を、ひいては日本をもっと好きになってくれるきっかけになるはずなのに。

井の頭公園にお土産やさんをつくろう

「SOUVENIR INOKASHIRA」ロゴ

そこで井の頭公園のすぐそばにオフィスを構えるデザイン・ユニット『ハイモジモジ』が中心となって、あるプロジェクトを立ち上げました。ライターとデザイナーのユニットであるハイモジモジにイラストレーターを加えた計3名で、国内外から来られる方々に井の頭公園をもっと好きになってもらうためのお土産やさん計画を始めたのです。名前は『SOUVENIR INOKASHIRA(スーベニア・イノカシラ)』といいます。

1 2 3次のページ
himojimojiの記事一覧をみる

記者:

Kneepon from Nippon! ハイモジモジは思わず膝をポンと打つ、アイデアあふれる商品・サービスを発信している会社です。

ウェブサイト: http://www.hi-mojimoji.com/

TwitterID: HIMOJIMOJI

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会