ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩分高めの生活にサヨナラ!食品内の塩分を測定するスマートスプーンが便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンビニで、ファミレスで。気軽にお惣菜を買ったり、外食したりできる便利な時代になった。とはいえ、外食続きになると気になるのが塩分。濃い目の味付けが好きな人は特に注意が必要だ。

・塩分量を測定するスマートスプーン

韓国のSamsung Art and Design Instituteの学生であるJoongu Kim氏は、塩分過多な食生活を見直すために、食べ物の塩分を測定するスマートスプーン「Mr. Sam」をデザインした。

シリコンコーティングされたスプーンは、パッと見ただけだとポップな印象の普通のスプーン。だが、個人の味覚だけではなかなか判別できない塩分量を測定し、データを集約するツールなのである。

・長野の成功事例を参考に開発

Kim氏の母国である韓国は、世界平均から見ても塩分摂取量が多い。氏はこのデバイスの開発にあたり、日本の長野県の事例を参考にしたという。それまで世界でもっとも胃がん罹患率が高かった長野県だが、地元食に含まれる塩分量を見直すことで、世界でも指折りの長寿人口地帯となった。

・イオンセンサー搭載、電位差を計測

この成功事例をお手本として、毎日の食生活や塩分摂取量を見直すために、「Mr. Sam」の開発に着手。デバイスにはイオンセンサーが搭載されており、液体内に含まれる塩の量を計測する。

Kim氏によれば、人工細胞膜が味覚認識のセンサーの役割を果たし、酸味、塩味の電位差を検知する。つまり、塩分は電位差によって算出される。

・専用アプリに随時データを送信

「Mr. Sam」には専用アプリが用意されていて、計測データは随時、“近距離無線通信(NFC)”によって、スマートフォンに送信される。

ユーザーは日々の累計データをチェックして、自分の食生活を見直し、摂取塩分量を調節することができるようになる。

・保険会社や医療施設での活用も

もちろん、個人が健康な生活を送るために用いてもよいし、保険会社が保険料の決定に活用したり、医療施設で患者の健康管理に生かしたり……といった用途も考えられるだろう。毎日のことだからこそ、常に意識したいものである。

Mr. Sam

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP