ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

荒木飛呂彦短編マンガ『死刑執行中脱獄進行中』、主演・森山未來で舞台化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる荒木飛呂彦さんの短編マンガ『死刑執行中脱獄進行中』(集英社)の舞台化が決定した。
公演スケジュールは2015年11月に天王洲 銀河劇場で上演され、12月には全国ツアーが予定されている。

【関連:今度は西と東でRockぜよ!舞台『幕末Rock』再演決定】

主演は俳優の森山未來さん、構成・演出・振付は長谷川寧さん(冨士山アネット)が担当し、主演の森山さんは舞台の振付も共同振付として担当する。

今回の舞台化発表にともない原作者の荒木さん、主演の森山さんからオフィシャルコメントが発表された。コメントは次の通り。

▼荒木飛呂彦さん
作品が舞台化されるのは初めてなので、予測できない期待感と楽しみがあります。

▼森山未來さん
荒木飛呂彦さんの持つ唯一無二の様式美を、身体、テキスト、音楽、照明、映像、衣装など、現代の舞 台芸術が持ち得るかぎりの要素を総動員して、演出家、ダンサーをはじめとする素敵なクリエイター達と 有機的に具現化していくつもりです。この舞台が演劇なのか、ダンスパフォーマンスなのか、ジャンルレ スなインスタレーションなのか。それは観劇後のあなたの選択にお委ねします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP