ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Block B、野音で初の日本ツアー開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Block B、野音で初の日本ツアー開催

5月17日、男性韓流グループBlock B(ブロックビー)が日比谷野外音楽堂でワンマンライブ「Block B JAPAN LIVE TOUR 2015~WARUGAKI SHOWDOWN ‘Z’~」をおこなった。Block B初の日本でのオリジナルツアーは、初日5月14日のZepp Tokyoを皮切りに5月26日のZepp Nagoyaまで全7会場で開催。

ツアー3日目となる本日、会場には2800人の満員の観客が集まり快晴の中で野外ライブを堪能した。始めに、Block Bシンパで知られる歌広場淳(ゴールデンボンバー・Be-su)によるアーティスト紹介映像が流れる。今回のツアータイトル「WARUGAKI SHOWDOWN ‘Z’」には“SHOWDOWN”は“最終決戦”、“Z”は“Zeppツアー”という意味が込められ、“7人のWARUGAKI(Block Bメンバー)が挑む真剣勝負”というツアーコンセプトとなっている。オープニングのSEが流れ、それぞれに背番号がついたスポーティーな衣装でメンバーが登場した途端、会場は黄色い歓声と黄色いペンライトの光に染まった。1曲目の「ニルリリマンボ」に続いてアッパーチューン「NolinA」では7人一体となったダンスパフォーマンスを見せつけ、一気にファンは興奮の坩堝と化した。

「Block B JAPAN LIVE TOUR 2015~WARUGAKI SHOWDOWN ‘Z’~」へようこそ皆さん!初のオリジナルライブツアーです。雨じゃなくてよかった!野外なので心配して、てるてる坊主を部屋において毎日祈りました。準備はいいですか?”と、ジコによるMCが始まった。それに続いて、テイルが“久しぶりに戻って来ました。皆さんの歓声は力になります。”と感謝の意を述べ、“初めてのJAPANツアーなのでドキドキしてます。今日もみんな楽しみましょう!”とジェヒョは初のJAPANツアーに対する本音を語った。その後ポップでダンサブルな「JackPot」や色気ある「11:30」ほかヒットナンバーを繰り出し、Block Bメンバーによるソロ曲やユニット曲がテンポよく披露され、一分一秒さえ見逃せないステージを繰り広げた。ライブ終盤では「Movie’s Over(Japanese Version)」に始まり「NICE DAY(Japanese Version)」、JAPAN 1stシングル「Very Good(Japanese Version)」まで日本バージョンの楽曲の連発で会場の熱気も最高潮に達した。

本編終了後、鳴り止まない“ブロビ(=Block Bの愛称)コール”に応えて、5月27日に発売となるJAPAN 2ndシングルリード曲「HER(Japanese Version)」で再び登場し、会場の温度がさらに数度上がったかのように感じさせるほど。夏が近づいた日比谷野外音楽堂の空の下、たくさんのシャボン玉が舞う演出と共にWARUGAKI達の東京SHOWDOWNの幕は閉じた。この後、大阪、福岡、名古屋とツアーは続く。

関連リンク

Block B Japan Official Sitehttp://www.block-b.jp/
キングレコードBlock B特設サイトhttp://kingrecords.co.jp/block-b/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。