体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いよいよ今週末BBMAsにテイラーら豪華出演陣、サマソニ×ビルボードの2015年は“ファンク”、プリンス黒人青年に捧ぐ新曲:今週の洋楽ニュースまとめ

エンタメ
いよいよ今週末BBMAsにテイラーら豪華出演陣、サマソニ×ビルボードの2015年は“ファンク”、プリンス黒人青年に捧ぐ新曲:今週の洋楽ニュースまとめ

 いよいよ今週末はアメリカ・ポップス界の祭典【2015 ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)】が開催。その見どころと言えば、やはりまずはテイラー・スウィフト。トップ・アーティスト、トップ・アルバム、トップ・ソングなどの主要部門を含め、ノミネート数は最多の14部門。BBMAsでは、そんなテイラーの最新シングル「Bad Blood」のMVがオープニングで世界初公開される。その上、同MVにはケンドリック・ラマーやジェシカ・アルバなどの超豪華ゲストが出演していることも判明しており、まさにアワードの顔となっているテイラー。その活躍にぜひ注目しよう。

【開催間近#BBMAsの見どころは?その1】最多ノミネートのテイラー・スウィフト、ケンドリックら豪華ゲスト出演の最新シングルMVを全世界初公開
公開待たれるテイラー・スウィフトの豪華MVにアノ大物女優出演も

 また、今年のBBMAsでは、待望の新作アルバムを控えるカニエ・ウェストをはじめ、今をときめくスーパースターたちが豪華なステージを繰り広げる。アワードの行方とともに話題になりそうだ。

【開催間近#BBMAsの見どころは?その2】新作控えるカニエ、チャート席巻中の“ワイスピ”ナンバー、ブリちゃんxイギーコラボ曲など見逃せない19のパフォーマンス

 8月15日、16日に開催される都市型音楽フェス【SUMMER SONIC 2015】にて、ビルボードジャパンのプロデュースによるビーチ・パーティー『Billboard JAPAN Party』の開催が決定、そのラインナップが発表された。今年のテーマはずばり“ファンク”。メイヤー・ホーソーン擁するタキシードをはじめ新旧の豪華ファンク・バンドが顔を揃えた。各バンドともビルボードライブでの公演も決定しており、サマソニと合わせて夏の見逃せないイベントとなりそうだ。

ラインナップ発表!ビルボード×サマソニ『Billboard JAPAN Party “100% Funky Beach -We Feel Good-“』 単独公演の開催も決定

 今週のビルボード洋楽チャート。シングルは日本、アメリカともにウィズ・カリファの『ワイスピ』テーマ曲が連続1位を更新中。引き続き初夏の大旋風を巻き起こしている。また、国内洋楽チャートでは先週訃報をお伝えしたベン・E.キングの名曲「スタンド・バイ・ミー」が4位にランクイン。故人の死を偲ぶラジオなどでの放送がデジタル・セールス等を後押しての結果となった。改めてその功績を讃える出来事と言えそうだ。

ウィズ・カリファ 「シー・ユー・アゲイン」が洋楽チャート3週連続1位に、訃報を受けあの名曲がランクイン
ウィズ・カリファ 遂に米ビルボード・シングル・チャート5週連続1位に!ヒップホップ、R&BナンバーがTOP10圏内に多数ランクイン

 一方、米ビルボード・アルバム・チャートでは人気バンド、マムフォード&サンズの新作3rdアルバム『ワイルダー・マインド』が、初動25万枚を獲得し華々しいNo.1デビューを果たした。とは言え、2012年の『バベル』が全世界で1000万枚を売り上げている彼らのこと。まずははじめの一歩に過ぎないという見方もできるだろう。前2作からイメージを大きく変え、王道のアメリカン・ロックに転向した意欲作の成功で、遂にワールド・クラスの仲間入りを果たす1枚となりそうだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会