ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ【KAZOKU FES.2015】に出演、地元イベントだからって慢心しない!現在の姿を見せつける渾身のステージ「こんな小娘たちを見てくれてありがとうございました!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スターダスト芸能3部所属名古屋発高校生6人組アイドル、チームしゃちほこが5月16日に愛知・ラグーナ蒲郡 ラグーナビーチにて開催された野外音楽フェスティバル【メ~テレ KAZOKU FES. 2015】に出演した。

 HOME MADE 家族がホストを務める“家族にやさしいフェス”として、SEAMO、チームしゃちほこ、BOYS AND MENと名古屋に縁のあるアーティストをはじめ、きゃりーぱみゅぱみゅ、クリス・ハート、ケラケラ、Silent Siren、ナオト・インティライミ、Dream、三浦大知などジャンルも世代も多彩なアーティストが集結。“家族にやさしいフェス”とあって、ファミリーチケットだけではなく一般チケットでも1枚につき子供2名が無料になるということもあり、会場には大勢のちびっこも集結。先週5月9日、10日に幕張メッセ 2DAYS単独公演【幕張HOLLYWOOD(読み:マクハリウッッド)】を大成功に終えたばかりのチームしゃちほこはどんなステージを見せてくれたのか。

 2013年度に続き、2回連続出場となった彼女たち。天候も心配されていたが、イベント開始時にはすっかり上がり、晴天とは言えないまでも雲が直射日光を遮ってくれ、会場よこにはビーチがあり海風が心地よい。そんな中、おなじみ「人間50年 アイドル5年、尾張名古屋にしゃちほこあり」の口上から出囃子で登場した彼女たちは集まった大勢の観客にむけて手を振り、満面の笑顔でアピール。安藤ゆずは足の怪我の為、引き続き車椅子の参加となったが、その表情に不安の色は見えない。

 ステージは5月13日にリリースしたばかりの最新シングル『天才バカボン』に収録された新曲「Twilight」からスタート。アイドル然としたキュートなトラックにのせて、うさぎを真似するようなダンスを踊り、これまたアイドル然とした「ららぴょんぴょん」という可愛らしい歌詞が歌われる。ファンと共に繰り広げられるハイテンションなパフォーマンスが魅力の一つだが、まずは今回の出演ラインナップの中で際立たせるように「私たちがアイドルだ!」と宣言したといった所だろうか。

 自己紹介を終え「首都移転計画」を披露。出演ラインナップに名を連ねる地元愛知の大先輩、SEAMOによるこの楽曲は「つけてみそみそ」と愛知県民にはおなじみのフレースが繰り返され、初見の観客の耳と目を鷲掴み。その中毒性の高さにやられてしまったファンたちと共に動かしてしまう。と、言葉だけでなくパフォーマンスで自分たちの立場を示した彼女たちはここから一気にヒートアップ。手を挙げて踊らずにはいられない「OEOEO」でお祭り空間を瞬時に作り上げ、Base Ball Bearの小出祐介による楽曲「colors」でロックサウンドも完璧に乗りこなせるアイドルであることを印象付ける。そして、ラストの大鉄板曲「抱きしめてアンセム」へ。ステージを見ずに踊り狂うファンと、それを目の当たりにする初見の家族連れ。ちびっこたちもその熱狂に感化されて踊り始める。決めの「アンセーム!」はきっちり大合唱を巻き起こし、ステージを締めくくった。

 がむしゃらに鉄板曲を投下するのではなく、地元だからと慢心することもなく、短い時間の中に濃密なフォーマンスを詰め込み、きっちり現在のチームしゃちほこの姿を刻み込んだ。去り際に咲良菜緒が「こんな小娘たちを見てくれてありがとうございました!」とコメントしていたが、彼女たちはやっぱり現役高校生。今回の会場となったラグーナテンボスのイメージキャラクターに起用されたこともあり、巨大スライダーなど遊具の施設紹介を行っていたが、スクリーンに映し出されていたのは、ひたすら楽しんで遊びに没頭するメンバーの姿だった。

 そして、チームしゃちほこは、8月28日に、この蒲郡ラグーナビーチにて夏恒例のワンマンライブ【しゃちサマ】を開催することを発表している。

◎ チームしゃちほこ【メ~テレ KAZOKU FES. 2015】
2015年5月16日(土)愛知・ラグーナ蒲郡 ラグーナビーチ
01.Twilight
02.首都移転計画
03.OEOEO
04.colors
05.抱きしめてアンセム

関連記事リンク(外部サイト)

チームしゃちほこ、幕張公演の映像を使用した新曲「いけいけハリウッド」を早くも公開
チームしゃちほこ メンバー感涙の【幕張HOLLYWOOD】2日目レポート、覚醒したのはおっとりガールだけじゃない?
チームしゃちほこ 【幕張HOLLYWOOD】初日レポート、おっとりガールが逆襲を完遂&しゃちサマをサプライズ発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP