ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名曲を一挙上演『オーケストラ三大名曲シリーズ』開幕 第一弾はメンコン、チャイコン、運命

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 CMやフィギュアスケートなどでよく誰しもが耳にしたことがある有名オーケストラ曲を一夜にして一挙上演する新シリーズ『オーケストラ三大名曲シリーズ』の第一弾が6月20日に開幕する。  

 第一弾の今回は、フルオーケストラの交響曲はもちろん、ヴァイオリン協奏曲とピアノ協奏曲を同時に聴けるという、普通ではあり得ない、超豪華プログラムだ。楽曲冒頭が印象的なベートーヴェン作曲、交響曲第5番『運命』。指揮の梅田俊明が率いる、東京フィルハーモニーのフル・オーケストラサウンドが堪能出来る。  

 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、フィギュアスケート等でも使用されることで耳にする機会が多いだろう。気になるヴァイオリニストはドイツへの留学経験を持ち、東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを務める三浦章宏。また、同夜にチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番も楽しめる。冒頭オーケストラがユニゾンで奏でる雄大で豊かなメロディーラインは、誰もが聞いたことがあるだろう。ピアニストはモスクワ交響楽団やサンクトペテルブルグ交響楽団ともツアー経験のある三舩優子。華のあるダイナミックな演奏には定評がある。  

 この『オーケストラ三大名曲シリーズ』第一回は、東京芸術劇場にて6月20日に開催。チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットにてチケット発売中。
◎公演概要【オーケストラ三大名曲シリーズ】
日程:6月20日(土)13:30開場 14:00開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール
出演:
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン:三浦 章宏
ピアノ:三舩 優子
指揮:梅田 俊明
曲目:
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23
ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」

関連記事リンク(外部サイト)

玉置浩二、オーケストラとの“夢の共演”がいよいよ明日NHK『SONGS』にて放送
ビートルズ等のクラシックカバーで人気“1966 QUARTET”ライブハウスツアー決定
来日60周年のウィーン少年合唱団、「手拍子や足拍子で楽しんで」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP