ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】『ワイスピ』サントラ盤、映画と共にロングヒットになるか?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月18日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums”では、先週に引き続き、浜田省吾『Journey of a Songwriter ~旅するソングライター』が1位。そして、2位はサザンオールスターズ『葡萄』。3位は、『ワイルド・スピードスカイミッション』のサントラ盤と、TOP3が先週と同じ顔ぶれとなった。

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上データによると、『ワイルド・スピード スカイミッション』のサントラ盤は、先週までの累計で4.8万枚を売り上げている。この枚数は2010年代の洋画のサントラとしては現在5位。上位のタイトルは以下の通りとなっている。

1位:『アナと雪の女王 -デラックス・エディション-』84万枚
2位:『アナと雪の女王』20万枚
3位:『レ・ミゼラブル』7.1万枚
4位:『バーレスク』6.2万枚
5位:『ワイルド・スピードスカイミッション』4.8万枚

 1位と2位の『アナ雪』の大ヒットは別格としても、このまま映画のヒットが続けば更に上位まで食い込む可能性は高い。今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”では、このサントラのリード曲とも言えるウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」が3週連続の1位。映画のロングランが続けば、「シー・ユー・アゲイン」も2015年を代表する洋楽曲になる可能性を大いに秘めている。

関連記事リンク(外部サイト)

ラインナップ発表!ビルボード×サマソニ『Billboard JAPAN Party “100% Funky Beach -We Feel Good-“』 単独公演の開催も決定
【先ヨミ】嵐、圧倒的セールスを見せつけ首位を独走中
【先ヨミ】A.B.C-Z スタートダッシュで首位、TMRとFTISLANDが追う展開に!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP