ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【朗報】コーヒー1日4杯でガンや心疾患や糖尿病の死亡率が26%下がることが判明!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近ごろは健康飲料としての地位を確立しつつあるコーヒー。わたしも定期的にコーヒー豆を買っておりますが、カフェインのデメリットについては、まだイマイチ確証が持てずにいたところでありました。

・ガンや心疾患などのあらゆる死因
そんな状況下で参考になったのが、2008年のハーバード論文(英文)です。これは、ハーバード大が30年間にわたって集めてきた13万人分の健康データを使った統計分析で、ガンや心疾患などのあらゆる死因とコーヒーとの関係を調べたもの。かなり信頼のおける研究になっております。

・おもに心疾患の死亡率を下げる
その要点をざっくり抜き出しますと、「コーヒーが死亡率を高めるという証拠は見つからなかった。どころか今回の研究により、コーヒーと死亡率の間には男女を問わず逆相関の関係にあることがわかった(つまり、コーヒーは健康に良い)。コーヒーは、おもに心疾患の死亡率を下げてくれる。この効果は、コーヒーにふくまれるカフェイン以外の成分によるところが大きい」とのこと。

あらためて、コーヒーの健康効果が主張されております。具体的な1日のコーヒー量で言いますと、

1日に4~5杯: ガンや心疾患や糖尿病などの死亡率が26%下がる
1日に2~3杯: ガンや心疾患や糖尿病などの死亡率が17%下がる

「だいたい1日6杯まではコーヒーの健康効果はアップする」という感じだそうな。ここでいう「1杯」はおよそ240mlで、カフェインは約100mgぐらい。1日にカフェイン600mgって、かなり多いイメージですが。

・博士の見解(英文)
ただ、この研究を行ったトロント大学のアフメド博士によると、「コーヒーは、カフェインの代謝機能が上手く働かない人には間違いなく害をもたらす。ただし、カフェインの代謝機能が正常かどうかは、遺伝子テストを行わないとハッキリと判断することはできない。カフェインの代謝機能は、カフェインの強さとは関係ないからだ。つまり、午後3時にコーヒーを飲んで夜遅くまで眠れなくなったとしても、必ずしもカフェインの代謝がおかしいとは限らない。コーヒーで眠気がとぶのは、たんに神経のレセプターをカフェインが強く刺激しているだけだ。あなたはカフェインの刺激を「感じる」ことはできるが、カフェインの血中濃度を「感じる」ことはできない」とのこと。

・カフェインで害が出る遺伝子
全体的な統計で見ればコーヒーは体にいいんだけど、なかにはカフェインで害が出ちゃう遺伝子を持った人もいて、しかもその体質は自分では判断できないんだ、と。これは悩ましい。

・無理して飲んでもつらいだけ!?
まぁ、わたしの場合、1~2杯分のカフェインでも刺激が強すぎちゃうんで、どっちにせよそんなに飲めないわけですが。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/18/coffee-2/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP