ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中古端末売れ筋状況(4月)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

相変わらずXperia人気が続いています。しかも、新機種市場ではXperia Z4の発表などもありましたので、しばらく中古市場でもXperiaの流れは続くかもしれません。
とはいえ、ほかにも微妙な動きが出始めていた4月のランキング。まずは、エイヤーから見ていきましょう。

 

ランキング 端末
1位 docomo SH-01G
2位 au SOL26 Xperia Z3
3位 softbank 202SH PANTONE WATERPROOF
4位 softbank 740SC
5位 docomo SO-04E Xperia A
6位 docomo Xperia Z3 Compact SO-02G
7位 docomo SH-03E
8位 au SCL23 GALAXY S5
9位 docomo SO-01G Xperia Z3
10位 softbank 103P COLOR LIFE 3

 

1位は先月まで全くその影も見えなかった、中古ランキング初登場のAQUOS ZETA SH-01G。狭額縁のIGZO搭載スマホです。5インチディスプレイを搭載しているにもかかわらず、比較的コンパクトな本体ということで一定の人気がある機種ですが、なぜいま急に売れているのかはちょっと謎ですね。

2位はau版のXperia Z3で、こちらも初登場。以降、5位、6位、9位とXperiaシリーズが占めていて、先月同様Xperia人気は持続している感じです。

もう1つの動きは、先月よりもガラケーが増えたことです。SoftBank端末3機種に加え、docomo端末1機種の計4機種がランクイン。再びガラケーへの注目度が高まっている感じがしてきます。

 

次にダイワンテレコム。5か月ぶりにGRATINAが1位に返り咲きました。

ダイワンテレコム

ランキング 契約プラン料金 
1 GRATINA
2 202SH PANTONE WATERPROOF
3 GP01
4 softbank iPhone5S 16GB
5 SH-03E
6 740SC
7 F-10B
8 P-01F
8 softbank iPhone4S 16GB
8 softbank iPhone5 16GB

 

2位は202SHと先月同様。上位機種の顔ぶれは、P-03EとGRATINAと202SHがいつも競っている感じで、あまり変わらない感じがしますね。

さて、ランキングではガラケー率が高いダイワンテレコムですが、今月は先月に比べて2機種減りました。

そのぶん増えたのがiPhoneシリーズ。いずれもSoftBankですが、iPhone 4S/5/5Sと3機種がランクインしています。

ここのところ中古市場では、ガラケー、iPhoneともにSoftBank端末のランクが上がっていますね。その理由がちょっとわからないのですが……販売価格によるところもあるのかもしれない、という気もしています。

とはいえ、顔ぶれとしては新しいところはないので、比較的安定しているランキングなのかもしれません。

 

最後にじゃんぱら。こちらもエイヤー同様、新しい流れが出てきています。

 

ランキング 端末
1 Apple SoftBank iPhone 5 16GB
2 Apple au iPhone 5 16GB
3 Apple SoftBank iPhone 5s 16GB
4 Apple au iPhone 5s 16GB
5 SONY au Xperia Z3 SOL26
6 SONY docomo Xperia Z3 SO-01G
7 Apple docomo iPhone 6 16GB
8 Apple SoftBank iPhone 5 32GB
9 Apple docomo iPhone 5s 16GB
10 SONY docomo Xperia Z3 Compact SO-02G

まずは、au版のXperia Z3が5位に初ランクイン。6位、10はdocomo版のXperia Z3/Z3 Compactということで、Xperia人気は変わらないどころか、さらに高くなっている感じがしますね。 

また、先月からランクは落としたものの、7位にdocomo版iPhone 6がランクイン。実はランク外なので表には出てこないファクターなのですが、20位以内にdocomo版iPhone 6 Plusが2機種ランクインしています。着実に中古市場にiPhone 6の波が現れてきている気がしますね。

 

全体を通してみて、4月はau版Xperia Z3とiPhone 6の流れが目を引きました。逆に言うと、それ以外のファクターは安定している感じが強いです。XperiaシリーズとiPhoneシリーズの安定の人気、ガラケーの一定の支持。2大スマホブランド+ガラケーという、鉄板の組み合わせに動きがありません。

ただ1点、AQUOS ZETAの登場が異質な感じがしますが、これが来月以降も続くのであれば、Android市場に動きが出ている、という感じが見えるかもしれません。

個人的には、SIMフリー端末がそろそろ上がってきてもいいんじゃないかな、と思っているのですが……。

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP