ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

交通新聞社、月刊誌「JR時刻表」のAndroidアプリ「デジタルJR時刻表」を5月28日にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

交通新聞社が月刊誌「JR 時刻表」を Android アプリ化した「デジタル JR 時刻表」を 5 月 28 日にリリースすると発表しました。デジタル JR 時刻表は、「JR 時刻表」と「MY LINE 東京時刻表」の山手線と東京メトロの全列車を含む約 2,000 ページ分の時刻情報を全て収録したアプリで、路線図をタップしていくことで経路や時刻表を表示できるほか、時刻表をズームして使うこともできます。アプリ化されたことで、目的に応じて情報をカスタマイズできる機能が実装されており、特定の駅の時刻表を表示したり、特定の列車の座席だけを表示するという、ユーザーごとに必要な機能だけを素早く表示させることも可能です。アプリの価格は無料です。しかし、利用日数に応じて費用が発生します。30 日が 960 円、180 日が 5,400 円、1年が 9,800 円となっています。なお、初回起動後 14 日間は無料で試用できます。ちなみに、アプリのリリース日から 7 月 31 日までは上記 3 プランを特別価格で購入できるキャンペーンが実施されます。Source : 交通新聞社


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、「G4」のグローバル展開を5月末より開始、デュアルSIMモデルも投入
Galaxy S6 / S6 edge海外モデルの一部にはリージョンロックが設定されている
KDDI、Galaxy S6 edge SCV31のソフトウェアアップデートを開始、LTE 700MHz帯やauシェアリンクをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP