体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アロマが香るお洒落なスパークリングワイン。「摘みたてハーブとベリーのカクテル」

生活・趣味
150516_rosemary-cocktail

今、アメリカではスパークリングワインにフルーツやフレッシュハーブを入れる飲み方に注目が集まっています。ホームパーティーや記念日に、ちょっとお洒落でリッチ感を演出するカクテルを「Liquor.com」からご紹介!

大胆にもローズマリーの小枝を1本そのままグラスに!?斬新なレシピを考案したBecky Hardin氏曰く、「料理も洋服もオシャレ感が大事」なんですって。 

IMG_5272

私の大好きなカクテルは彩りの良さが決め手。濃い紫のブラックベリー、ピンクがかったシロップ、シャンパンゴールドにローズマリーの緑が加わる…。とっても色鮮やかで、大人の雰囲気を感じるカクテルだと思わない?

「 Blackberry Ombre Sparkler」と名前を付けたのにはワケがあって、Ombre(オンブル)とは元々、ファッション用語でグラデーションで濃い色から薄い色に変わるデザインのこと言うの。このグラデーションをグラスの中で表現したのがこのカクテル。

ポイントはフルーツのシロップと、摘みたての新鮮なローズマリーを使うこと。フレッシュな香りが大切だからね。

スクリーンショット 2015-05-17 8.15.27

<材料>
新鮮なブラックベリー:120g
砂糖:120g
水:120g
新鮮なローズマリー:2枝
スパークリングワイン:1ボトル

スクリーンショット 2015-05-17 8.16.29

<作り方>
1. 小さめの鍋にブラックベリー、砂糖、水を入れて強火で沸騰させる。煮立ったら弱火にし、15分ほど煮詰める。ブラックベリーが柔らかく鮮やかになり、ピンクがかった紫色のシロップができる。火を止め、ブラックベリーを取り出し、シロップと別々にして冷蔵庫で冷やしておく。
2. 冷めたら、シャンパングラスの底にシロップを小さじ1ほど入れる(シロップの量はお好みで)。
3.スパークリングワインを注ぐ。
4. 煮詰めたブラックベリー、ローズマリーを飾る。
5. 乾杯!

スクリーンショット 2015-05-17 8.18.04
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会