ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アロマが香るお洒落なスパークリングワイン。「摘みたてハーブとベリーのカクテル」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今、アメリカではスパークリングワインにフルーツやフレッシュハーブを入れる飲み方に注目が集まっています。ホームパーティーや記念日に、ちょっとお洒落でリッチ感を演出するカクテルを「Liquor.com」からご紹介!

大胆にもローズマリーの小枝を1本そのままグラスに!?斬新なレシピを考案したBecky Hardin氏曰く、「料理も洋服もオシャレ感が大事」なんですって。 

私の大好きなカクテルは彩りの良さが決め手。濃い紫のブラックベリー、ピンクがかったシロップ、シャンパンゴールドにローズマリーの緑が加わる…。とっても色鮮やかで、大人の雰囲気を感じるカクテルだと思わない?

「 Blackberry Ombre Sparkler」と名前を付けたのにはワケがあって、Ombre(オンブル)とは元々、ファッション用語でグラデーションで濃い色から薄い色に変わるデザインのこと言うの。このグラデーションをグラスの中で表現したのがこのカクテル。

ポイントはフルーツのシロップと、摘みたての新鮮なローズマリーを使うこと。フレッシュな香りが大切だからね。

<材料>
新鮮なブラックベリー:120g
砂糖:120g
水:120g
新鮮なローズマリー:2枝
スパークリングワイン:1ボトル

<作り方>
1. 小さめの鍋にブラックベリー、砂糖、水を入れて強火で沸騰させる。煮立ったら弱火にし、15分ほど煮詰める。ブラックベリーが柔らかく鮮やかになり、ピンクがかった紫色のシロップができる。火を止め、ブラックベリーを取り出し、シロップと別々にして冷蔵庫で冷やしておく。
2. 冷めたら、シャンパングラスの底にシロップを小さじ1ほど入れる(シロップの量はお好みで)。
3.スパークリングワインを注ぐ。
4. 煮詰めたブラックベリー、ローズマリーを飾る。
5. 乾杯!

いかがです?Hardin氏がこだわるだけあって、お洒落感はバッチリ。パーティーシーンで活躍必死なのもうなずけます。新鮮なローズマリーのスパイス香を活かして、直接グラスに投入という発想も最高。これは、誰かに自慢したくなるシャンパン・カクテルでは。

シロップはブルーベリー、ラズベリー、イチゴやキウイなど、季節ごとのフルーツでアレンジするだけで、フレーバーの幅が広がりそう。ちなみにこちらの写真のカクテルはブルーベリーで作ってみました。凍らせたフルーツをグラスに入れれば、最後までひんやり感も◎。

ローズマリーだけじゃなく、ミントをたっぷり使ったキューバ発祥のカクテル「モヒート」をはじめ、フレッシュハーブを取り入れたカクテルは意外と多いんですよ。個性的なアロマ香と清涼感はお酒との相性も抜群、さらには美容効果まで期待できて、女性には嬉しいカクテルですよね。

一緒に飲む人の好みも考えて、大切な夜にオシャレなカクテルで彩りを添えてみては。

Top photo by partymooddubai/
Licensed material used with permission by Liquor.com

関連記事リンク(外部サイト)

夢中になる人続出!簡単すぎる自家製「タピオカミルクティー」
飲めば飲むほど寄付になる!?米・ポートランドにできた地域還元型「ソーシャル居酒屋」
【信じられる?】若さと健康を保つカギは自分の食べたいものを食べること。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。