ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S6 / S6 edge海外モデルの一部にはリージョンロックが設定されている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4 月に発売された Samsung の最新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」の海外モデルの購入を検討している方に注意点すべきことをお知らせします。Galaxy S6 / S6 edge は発売されてから 1ヶ月以上が経過しているのでご存知の方も多いと思いますが、最近の Galaxy スマートフォンの海外モデルのうち、欧州向けなどの一部の端末には SIM ロックフリーで販売されていても「リージョンロック」という SIM ロックが設定されています。リージョンロックによる制限は、欧州モデルの場合だと欧州のキャリアが発行した SIM カードで最低 5 分間の通話を行わないと他の地域の SIM カードを挿しても音声通話ができないというものです。商品を世界に向けて発送しているショップの場合だと購入時に解除してくれるところが多いのですが、不親切なところだとリージョンロックの有無すら明記せずに販売しているので可能であればリージョンロックを解除してくれるショップで購入すべきです。


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、Galaxy S6 edge SCV31のソフトウェアアップデートを開始、LTE 700MHz帯やauシェアリンクをサポート
Android版「WordPress」がv4.0にバージョンアップ
I-O DATA、カタログアプリ「Oカタログ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP