ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【国内メーカー編】新発売のSIMフリースマホでどれを買う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年3月から5月にかけてSIMフリーのスマートフォンは新製品の発売ラッシュ。その中から国産スマホはどんな特徴があるのか、各機種のスペックだけでなくオススメのポイントを挙げて解説することにします。

「Xperia J1Compact」

メーカー名
ソニーモバイルコミュニケーションズ

ディスプレイ 約4.3インチ(1,280×720ドット)
プロセッサ 2.2GHz クアッドコア
メモリ RAM 2GB / ROM 16GB
カメラ OUT 約2,070万画素 / IN 約220万画素
バッテリー容量 2,300mAh
周波数帯 未公表
SIMサイズ micro SIM
OS Android 4.4
サイズ / 重量 約128mm × 65mm ×9.7m / 約138g

6万円弱と価格はやや高めではありますが、十分な2GBのRAMを搭載し、IPX5/8相当の防水性能やIP5X相当の防塵機能を備えています。SIMフリーでありながらおサイフケータイに対応し、まずはWAONと楽天Edyが先行して利用可能です。

 

「VAIO Phone VA-10J」

メーカー名
日本通信

ディスプレイ 5.0インチ(1,280 × 720ドット)
プロセッサ 1.2GHz クアッドコア
メモリ RAM 2GB / ROM 16GB
カメラ OUT 1,300万画素 / IN 500万画素
バッテリー容量 2,500mAh
周波数帯 LTE : Band1(2,100MHz) / Band3(1,800MHz) / Band19(800MHz)
WCDMA : Band1(2,100MHz) / Band19(800MHz)
SIMサイズ micro SIM
OS Android 5.0
サイズ / 重量 約141.5mm × 71.3mm × 7.95mm / 約130g

大きい5.0インチのディスプレイを搭載しながらも重量が130gと軽量で、VAIOブランドらしい高級感漂うデザインが特徴。Android OSは最新の5.0を搭載しています。色々と話題になった端末。その評価は触ってみてからでも遅くない!?

 

 

「freetel priori2 LTE」

メーカー名
プラスワン・マーケティング

ディスプレイ 4.5インチ(854 × 480ドット)
プロセッサ 1.2GHz クアッドコア
メモリ RAM 1GB・ROM 8GB
カメラ OUT 500万画素 / IN 200万画素
バッテリー容量 1,700mAh
周波数帯 LTE : Band1(2,100MHz) / Band3(1,800MHz) / Band19(800MHz)
WCDMA : Band1(2,100MHz) / Band19,Band6(800MHz)
GSM : (850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz)
SIMサイズ micro SIM
OS Android 4.4.4
サイズ / 重量 約132.8mm × 66.3mm × 8.9mm / 約132g

海外旅行時に役立つデュアルSIMスロットを搭載。2枚のSIMカードを簡単に使い分けられます。高性能モデルは魅力ですが、こうした利便性を追求した端末のほうが使い勝手はいいかもしれませんよ?

「TONE」

メーカー名
TONEモバイル

ディスプレイ 5.5インチ(960 × 540ドット)
プロセッサ 1.3GHz クアッドコア
メモリ RAM 1GB・ROM 4GB
カメラ OUT 800万画素 / IN 200万画素
バッテリー容量 2,500mAh
周波数帯 LTE非対応
GSM : 850/900/1,800/1,900
UMTS : 800/850/1,900/2,100
SIMサイズ micro SIM
OS Android 4.2.2
サイズ / 重量 約151mm × 77.5mm × 9.5mm / 約189g

LTEの高速通信に非対応で通信速度が500Kbps~600Kbpsではあるものの、容量無制限かつ月額1,080円という安さで利用可能。本体価格(24回分割)を含めても月額2,160円で済みます。また、子どもやお年寄り向けに位置情報を確認したり、アプリの購入を制限したりといった機能を無料で追加できるのも特徴の1つ。

 

 

 

各機種はどういう人に向いているか?
Xperia J1 Compactは2014年6月にNTTドコモが発売した「Xperia A2」がベースになっており、同じスペックのXperiaを格安SIMで使用したい人にはピッタリでしょう。何より、おサイフケータイの快適さに慣れてしまった人は狙いたい端末です。

VAIO Phone VA-10Jを販売する日本通信では音声通話が可能でかつLTEデータ通信を速度制限なしで使い放題の高速定額プランを用意しており、月額2,138円で利用できます。これはVAIO Phone専用の特別料金プランで、格安の料金で高速通信をたっぷり使いたい人には良さそうです。

freetel priori2 LTEは2色の本体カラーに加え、オンラインショップでは25色のブックカバーを販売しており、自分好みの色でスマホを持つことができます。安いだけでなくオシャレな格安スマホを探している人にはピッタリな端末といえそうです。

TONEは初めてスマホを使うお年寄りや子ども向けに良さそうなサービスが用意されている点から、家族の安全を安価な料金で確認したい人には向いている端末でしょう。

さて、今回はこの3月から5月末までに発売となる国産SIMフリースマホを取り上げてみましたが、気になった端末はありましたか?後半では海外製のSIMフリースマホを特集しますのでお楽しみに!

(文/アスカ) 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP