ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日経「私の履歴書」で話題 面白すぎと話題のニトリ社長物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日経新聞の人気コーナー「私の履歴書」での話が「面白すぎる」と話題の『ニトリホールディングス』創業者で社長の似鳥昭雄さん。似鳥さんは「人の3倍努力するか、人と違うことをやれ」という父の言葉を胸に、北海道の小さな家具店を年間売上4000億円超の企業へ成長させた。その半生は、壮絶エピソード満載。

 殴るのは当然という厳しい両親の下、小学4年生から大人用自転車で4斗分の米を運ぶ。冬の寒さは厳しく、何度も死にかけた。勉強は苦手で気も弱く、同級生からは「ヤミ屋!」といじめられていた。

 中学時代はいじめもエスカレート。米の配達中、同級生に自転車ごと川へ突き落とされる。ドロドロで帰り、母に事情を説明すると「落ちた米を拾ってこい」と言われ、汚れた米を拾って食べた。

 地元の短大から北海学園大学に編入するため、友人とカンニング。単位をもらうため、スナックのママを気に入っている教授の妻に電話をかけ、「先生と久々に会って飲んでいます」とアリバイ工作に協力した。任侠映画に憧れ、高倉健を真似てスナックの未払金取り立てのアルバイトも。

 大学卒業後、父の経営するコンクリート会社に入社。盲腸を患ったが「働け」と言われ、「自分の身は自分で守らなくては」と家出をする。いくつかの職につくが、ノルマを達成できずクビに。しかたなく家に戻ると、「何しに帰ってきたんだ」と父に一升瓶を投げつけられる。

 周りに同業がないという理由で『似鳥家具卸センター』を開店するが、赤字続きに。しかし、1968年に見合い結婚した百百代さんの活躍で売り上げがアップ。極度のあがり症だった昭雄さんに対し、高校時代“女番長”だった百百代さんは度胸満点で商売上手だった。

 経営が苦しい中、米国の家具店を視察するセミナーに参加。タンス中心の日本と異なり、部屋全体の美しいコーディネートが日本の1/3の価格で販売されていることに驚く。「生活の豊かさを日本にも!」と方向転換を決意。

 倒産品から手を引き、問屋を通さずメーカーから直接買う方法にシフト。直接購入は当時、業界のタブーだったため、現金片手にメーカーと交渉。商品を深夜に運搬するも、ばれて各地で出禁に。道内から徐々に南下し、最後は九州まで買いつけに行った。

 3~5割安い倒産品を仕入れ「安売りのニトリ」と名をあげるが、商品をだまし取られるなどトラブルも増加。また、米国の“ホームファッション”の考えを取り入れ、日本で初めて家具店でカーテンを販売し、人気に。

 海外工場で企画した商品の製造、輸入を始める。商品を作る際は、パート従業員の声も参考にし、「○○社の布団を買った」と聞けば、なぜニトリでないかを調査。昭雄さん自らが開発に携わるものもある。

 雑貨のみを扱う『デコホーム』を立ち上げ、都市部にも進出。おしゃれ感が若い女性にも人気に。単に安いだけでなく、“国民の8割が年360日使うものを揃える”を目標に、新たな客層を広げている。

 4月24日、『プランタン銀座』(東京都)の6階に新店舗がオープン。天然木のテーブルや本革のソファなど、ニトリ商品の中からこだわりのアイテムを厳選。「ダサくない、おしゃれなものを出していきたい」と似鳥さんは語っていた。

※女性セブン2015年5月28日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米視察で学んだ「新機軸」経営で似鳥社長 ニトリを蘇らせる
大塚家具はお家騒動、ニトリは躍進 家具業界のトレンドは?
ニトリ社長 創業時の3食即席麺生活脱出の転機はお見合い結婚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP