ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここまでやっちゃう!? インテリアデザイナーの自宅リフォーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インテリア次第で、中古マンションや賃貸住宅だって自分好みの素敵な空間にできる。それを仕事にしているデザイナーの自宅へ伺い、素敵なインテリアのアイデア&プロ技を見せてもらった。部屋ごとにデザイン・テーマを変えて、自宅はリアルなショールーム

今回、インテリアのアイデアを自宅で披露してくれたのは、名古屋で活躍するインテリア・デザイナーの宮地敦子さん。ご自宅は約15年前に購入した築30年のマンション。この度、入居以来3回目のリフォームが完成したという事で取材に伺った。

まずは、《Salon de thé (サロン・ド・テ)》と名付けられた、キュートな応接室でお話を聞いた。
「ここは、女の子が幸せになるような、女子力アップ部屋!」と、宮地さん。

壁のスモーキーなピンク色はグレーの天井と共に、大人カワイイ色調の空間に仕上がっている。
今回のリフォームで大胆に変身したこの部屋、元は息子さんの男臭い部屋だったとか… お気に入りのチェアーは部屋に合わせて張り地を変えたそう。

【画像1】ピンク塗り壁の上に貼られた石膏細工のようなデコレーションは、樹脂素材でシート化されたもの。天井回り縁と共に立体的な陰影が生まれ、空間を豊かにしてくれる。
床とカーテンをモダン柄にする事で、甘過ぎないデザインに(写真撮影:本美安浩)

【画像2】住宅以外にカフェ、エステサロンやウエディングなどのインテリアも手がける、アツコリーヌこと宮地敦子さん(写真撮影:本美安浩)

「インテリア好きが高じて、椅子の張り地でスーツをつくっちゃいました(笑)」と、椅子と同じ生地のスーツで登場!?(写真撮影:本美安浩)

「皆さんにも自分のおウチが大好きになって欲しいの。家と相思相愛になると、人生が好転するのよ!」と、好きなものに囲まれて過ごす事の効用を説いてくれた。

この部屋の始まりも、「お店で一目惚れした、リヤドロ社の照明。この照明を飾りたくって部屋のデザインを考えたわ」。なるほど、この照明のマットなピンク色が部屋全体の発想の源だったのだ。

【画像3】陶器のフリンジが付いたリヤドロ社(スペイン)のブラケット照明。製品自体に丸い鏡台が付いた壁付け照明を、更に大判ミラーの上に重ね付けする所がプロ技だ!(写真撮影:本美安浩)

右手壁のミラーの真ん中にブラケット照明を設置、この部屋のアイコンになっている。
正面壁には、中世の貴婦人を壁紙プリンターで製作。ドレスの色を、リヤドロ照明の色に合わせて調色したこだわりよう。最近の壁紙プリンターはデジタル化され、創作の幅が広がっている。

【画像4】正面のドアもプリント壁紙。実物のドアにドアの絵を貼って奥行きを見せた、遊び心のあるアイデア! (写真撮影:本美安浩)マンションの玄関を、ここまで斬新にリフォーム!

部屋毎にデザイン・テーマを変えて見せる、宮地さんの自宅ショールーム。
一番の見せ場は、玄関ドアを開けたとたんに目に飛び込んでくるBlack & Whiteストライプ。今年はボーダー柄ファッションが流行しているが、彼女のストライプ好きは○十年前、10代のころからの筋金入り。
「ストライプ幅の15cmにこだわって、天井から床まで一面をペイントで仕上げました」

一方で下駄箱を取っ払い、天井高までのミラー張りにする事で、狭いマンションの玄関を幅広に。ミラー張りは、視覚的に2倍のゆとりを感じさせるマジック・テクニック!

【画像5】ミラーを使ったプロ技、玄関では更に大胆な一面使い!
右のキャビネットに並んでいるのは「大好きなキャラクターのフィギュアたち!家に帰った瞬間、幸せな気持ちになるの。玄関は行き帰りに、元気をくれる重要なパワースポット」(写真撮影:本美安浩)

【画像6】玄関の照明も天井ではなく、ミラーにブラケット照明を設置。小さい2灯ものだが、ミラーに映り込んで4灯シャンデリアのよう。
床が映り込んで、かなり広く感じる。錯覚効果、バツグン! (写真撮影:本美安浩)

【画像7】宮地さんデザインのストライプ柄スツール。ブーツを履くなど玄関にあると重宝するが、オブジェとしても素敵 (写真撮影:本美安浩)お気に入りに囲まれた、おウチ・パワースポットが続々登場

【画像7】の写真、黒いシャンデリアの向こうにあるストライプの壁。実は引き戸で、和室の入口…低めに吊られたシャンデリアの下をくぐって入る、茶室の躙戸(にじりど)のような趣。
入ると、黄金に輝く和室が!ドレープをきかせた赤いカーテンと和洋折衷なモダン・デザイン。美輪明宏が出てきそうな、正しくパワースポット。

【画像8】天井・壁は金箔の壁紙。左の壁は、’和紙の里’として知られる愛知県小原村の作家による小原和紙。
右の壁下直線に入れたLED照明を調光する事で、金箔の壁が銀色にもなる不思議空間(写真撮影:本美安浩)

「壁紙を一部変えるだけで、こんなにワクワクするものよ!」と次に案内してくれたのは、廊下側のドア一枚。

【画像9】ドアに貼られたのは書棚が描かれた壁紙、ブラウンのフローリング・壁にマッチした色調(写真撮影:本美安浩)

【画像10】イラストのタッチが流石、エルメス。ドア一枚程度なら数万円でできて、満足度高いかも!(写真撮影:本美安浩)

【画像11】こちらはナント、キッチンにある2Wayドアを1つ使わなくして棚に改造。その背景面にも、エルメスのお馬さん柄壁紙。
オープンな見せる棚の背景にオシャレな壁紙を使う、グッド・アイデア!(写真撮影:本美安浩)とっておきのパワースポットは、トイレ!!

「使う度に、ウキウキしちゃって!」と、今回のリフォームで大成功だったとご自慢のトイレ。
築30年マンションのトイレ空間なので狭いままだが、内装を変えただけでパワーがみなぎる特別な場所に変身した。

デザイン・テーマは「西洋人が好む、シノワズリ(中国趣味)」。朱色を効かせた天井・壁デザインが、その雰囲気を醸し出す。

【画像12】写真では見えづらいが、バカラ社のクリスタル製ブラケット照明が天井を照らしている(写真撮影:本美 安浩)

【画像13】壁紙(ハーレクイーン社)の一部を切り取って、便器&リモコンに貼るだけでこんなに素敵!(写真撮影:本美安浩)

数年前に、リビング・ダイニングはベッドルームとL字型のワンルームにリフォーム。テラコッタ・タイル敷きのアジアンリゾート・スタイル。環境の良い住宅地なので、朝夕と鳥の声が響きリゾート気分で寛げる空間になっている。
ベッドルームもオープンスペースだが、リビングより一段高くすることで空間を緩やかに分けている。

【画像14】パネル型カーテンはマジックテープで着脱ができ、季節によって色やファブリックを変える事で模様替えができる(写真撮影:本美安浩)

“インテリアで元気になる”を実践する宮地さん。「何かリフレッシュしたい…」と悩む依頼者の方々を、インテリアで幸せにするのが生き甲斐とも。「大きな改装をする必要は無いの。好きな物や色に囲まれて過ごせばうれしくなる、それがおウチをパワースポットにする方法」。
シンプルな白を基調にした内装が主流の日本の住まい、トイレなら思い切って自分色に飾ってみるのも良さそうですね。“運”が舞い込んでくるかも!?●取材協力
・インテリアデザイナー 宮地敦子/ブログ
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/05/14/83390/

【住まいに関する関連記事】
床は自分で張れる! 床張りを学べるワークショップとは
動物園のコアラ舎がエコで快適にリフォーム!その住み心地は?
賃貸リフォームコンペの入賞作品が完成、どんなお部屋になった?
食べられるインテリア、生ハム原木がつくる食のコミュニケーション

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP