体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ここまでやっちゃう!? インテリアデザイナーの自宅リフォーム

ここまでやっちゃう!? インテリアデザイナーの自宅リフォーム(写真撮影:本美安浩)

インテリア次第で、中古マンションや賃貸住宅だって自分好みの素敵な空間にできる。それを仕事にしているデザイナーの自宅へ伺い、素敵なインテリアのアイデア&プロ技を見せてもらった。部屋ごとにデザイン・テーマを変えて、自宅はリアルなショールーム

今回、インテリアのアイデアを自宅で披露してくれたのは、名古屋で活躍するインテリア・デザイナーの宮地敦子さん。ご自宅は約15年前に購入した築30年のマンション。この度、入居以来3回目のリフォームが完成したという事で取材に伺った。

まずは、《Salon de thé (サロン・ド・テ)》と名付けられた、キュートな応接室でお話を聞いた。
「ここは、女の子が幸せになるような、女子力アップ部屋!」と、宮地さん。

壁のスモーキーなピンク色はグレーの天井と共に、大人カワイイ色調の空間に仕上がっている。
今回のリフォームで大胆に変身したこの部屋、元は息子さんの男臭い部屋だったとか… お気に入りのチェアーは部屋に合わせて張り地を変えたそう。

【画像1】ピンク塗り壁の上に貼られた石膏細工のようなデコレーションは、樹脂素材でシート化されたもの。天井回り縁と共に立体的な陰影が生まれ、空間を豊かにしてくれる。 床とカーテンをモダン柄にする事で、甘過ぎないデザインに(写真撮影:本美安浩)

【画像1】ピンク塗り壁の上に貼られた石膏細工のようなデコレーションは、樹脂素材でシート化されたもの。天井回り縁と共に立体的な陰影が生まれ、空間を豊かにしてくれる。
床とカーテンをモダン柄にする事で、甘過ぎないデザインに(写真撮影:本美安浩)

【画像2】住宅以外にカフェ、エステサロンやウエディングなどのインテリアも手がける、アツコリーヌこと宮地敦子さん(写真撮影:本美安浩)

【画像2】住宅以外にカフェ、エステサロンやウエディングなどのインテリアも手がける、アツコリーヌこと宮地敦子さん(写真撮影:本美安浩)

「インテリア好きが高じて、椅子の張り地でスーツをつくっちゃいました(笑)」と、椅子と同じ生地のスーツで登場!?(写真撮影:本美安浩)

「皆さんにも自分のおウチが大好きになって欲しいの。家と相思相愛になると、人生が好転するのよ!」と、好きなものに囲まれて過ごす事の効用を説いてくれた。

この部屋の始まりも、「お店で一目惚れした、リヤドロ社の照明。この照明を飾りたくって部屋のデザインを考えたわ」。なるほど、この照明のマットなピンク色が部屋全体の発想の源だったのだ。

【画像3】陶器のフリンジが付いたリヤドロ社(スペイン)のブラケット照明。製品自体に丸い鏡台が付いた壁付け照明を、更に大判ミラーの上に重ね付けする所がプロ技だ!(写真撮影:本美安浩)

【画像3】陶器のフリンジが付いたリヤドロ社(スペイン)のブラケット照明。製品自体に丸い鏡台が付いた壁付け照明を、更に大判ミラーの上に重ね付けする所がプロ技だ!(写真撮影:本美安浩)

右手壁のミラーの真ん中にブラケット照明を設置、この部屋のアイコンになっている。
正面壁には、中世の貴婦人を壁紙プリンターで製作。ドレスの色を、リヤドロ照明の色に合わせて調色したこだわりよう。最近の壁紙プリンターはデジタル化され、創作の幅が広がっている。

【画像4】正面のドアもプリント壁紙。実物のドアにドアの絵を貼って奥行きを見せた、遊び心のあるアイデア! (写真撮影:本美安浩)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。