体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【信じられる?】若さと健康を保つカギは自分の食べたいものを食べること。

150515_delicious-happy-pizza

自分の食べたいものを好きなだけ食べる方が、よっぽど健康的!」。肥満が深刻な問題となっているアメリカで、かなり強気な表現に打って出たのは、政治や国際情勢を得意とするライターのJohn Haltinwanger氏だ。
記事が掲載された「Elite Daily」のコメント欄でも、意見は二分しているが、彼の説にも一理ある。

shutterstock_19236904

健康は誰もが願うこと。しかし、専門家は食事の量を調整したり、工夫してもあまり効果はないと言っています。事実、多くのダイエットは効果がなく、さらに不満が増えたり不安定な気持ちになるだけ。じつは「痩せたい」と思うことが、ストレスとなって身体を蝕んでいくこともあるのです。

食べたいものを食べたい時に
好きなだけ食べてもいい!

shutterstock_81166582

例えば、自分の身体に問いかけてみます。「自分がいま食べたいものは何だろう?」こうして出てきたもの、それは頭で考えたというより、自分の身体が本当に欲しているもの…、これを食べるのが正解です。この方法はとてもシンプルですが、食事制限するよりもずっと健康でいられます。

信じるかどうかは別として、カリフォルニア大学の心理学者らの研究やコロンビア大学の管理栄養士Kerri-Ann Jenningsによる調査からも、この方法は支持を集めているんです。
意外かもしれませんが「自分の直観を信じて思うままに食べる」これが一番。

ただし、この方法にはいくつかの心構えが必要です。①痩せたいと考えるのを止め、自分の好きなものを食べることに対して罪悪感を持たないこと。ピサを食べたいのなら、どうぞ我慢せずに!②お腹が空いた時に食べ、満腹になったら食べるのを止めること。③ストレスによるヤケ食いは禁物。身体に栄養を付ける目的で食べるようにすることです。それに加え、④運動は率先してすること。運動は心と身体の両方の健康を保つのに必要不可欠ですから。

身体が欲するメッセージが
分かるようになる

shutterstock_176568860

これらすべて踏まえてもう一度、自分の身体に耳を傾けてみましょう。身体は自分に必要なものとそうではないものを知っています。ファストフードなどを食べた時、胃がもたれたり気分が悪くなった経験があるでしょう?それは身体が自分にメッセージを送ってる証拠。
だからといって健康によくないものを食べたことに、後悔したり罪悪感を覚える必要はありません。ただ、それぞれの食べ物に対して、身体がどう反応するかを注目してみてください。例えば、ドーナツを食べた時よりも、リンゴを食べた時の方が身体が喜んでいる感じがするといったように。

言ってしまえば、身体はすでにどんな食べ物が合うのか分かっているので、それに対して耳を傾けるようにすればいいだけの話なのです。

成功者はみな
小さいことなど気にしない

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。