ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「和田監督はリーダーとして二流」と阪神ファンの経済評論家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 0-10の惨敗を喫した5月9日の広島戦、7回裏の攻撃前にウサ晴らしのようにジェット風船を飛ばすと、甲子園の阪神ファンは列をなしてスタンドを後にした。阪神は5月上旬時点で、チーム打率、本塁打、盗塁、失点、防御率の各部門でリーグ最下位。12球団で見てもワーストだ。

 阪神ファンの間には絶望感が漂う。大阪生まれの芥川賞作家・高橋三千綱氏は自暴自棄だった。

「あと100試合もあるのに、もうこんな状況。阪神ファンは何を楽しみにプロ野球を見ればいいんでしょうかね。これでもうわかったでしょう。和田(豊)監督は間違いなくクビになる。居直って、やりたい放題やってください。マジメにやっても勝てないんだから」

 怒りの矛先は和田監督に集中する。京都出身の経済評論家・江坂彰氏はこう吐き捨てる。

「はっきりいって、和田監督はリーダーとしては二流ですね。今のリーダーはいかにして結果を出すかを考えるが、あの人はやけにサラリーマンっぽいというか、オーナーの顔を立てないといけない、それでいて部下に嫌われたくないと気を遣っている。だから選手の世代交代を進められないし、思い切った起用もできないんじゃないでしょうか」

 関西大学大学院教授で、経済効果算出の第一人者・宮本勝浩氏は、

「球団創設80周年のシーズンに最下位……これをマイナス経済効果で試算したら、損失は関西全体でエラい数字になりまっせ」

 と真顔で心配しつつ、こう続けた。

「和田監督は勝負師としては人が良すぎるんと違いますか。原(辰徳)監督はソフトなイメージですが、勝つために批判覚悟で阿部(慎之助)のコンバートを撤回したり、ローテーション投手を平気で二軍に落としたりしている。これが普通なんですよ。監督が選手に遠慮していたらチームは強くならない。その点、和田監督は特に外国人選手にナメられていますね」

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鳥越俊太郎氏 阪神・和田監督は監督の器ではないと痛烈批判
ダンカン 阪神和田監督は素晴らしい、永久監督やってほしい
阪神ファン 和田豊監督へ「7戦まで頑張れ。ナナ好きやろ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP