ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寿司屋の寿司食材を使用したラーメン! 賄だったが絶品すぎて客に提供 / おさむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寿司屋の塩麺
800円

東京都港区白金に、食通が通う寿司屋『おさむ』がある。店内に入れば、職人気質の板前さんと、気配りと真心で接客する女将さんが出迎えてくれる。

・他店では絶対に味わえないラーメン
この寿司屋には、ランチとディナーの間に不思議な時間帯がある。それが「麺の時間」だ。その時間に行けば、寿司食材を使用した「他店では絶対に味わえないラーメン」が食べられる。

・あまりにも美味しかったため提供
『おさむ』の寿司食材は天然物の魚介類を使用している。寿司として使える部分は客に提供し、他の部分は賄(まかない)として使用していた。

天然物の食材を使用して賄のラーメンを作っていたのだが、あまりにも美味しかったため、客に提供することにしたのだという。

・立ち上る湯気から柚子
スープのダシに、天然物の魚のアラを使用。アクセントとして烏賊のつみれが盛られており、立ち上る湯気からは柚子の爽やかな香りが感じられる。

丼はズッシリとして重く、ざらつきのある表面が「見た目の美味しさ」に拍車をかける。

・いっさいの曇りなきアラのダシ
ここは一気に麺をずずっといきたいところだが、スープから漂う柚子とダシの香りに勝てる客はいないだろう。まずはレンゲでスープを流し込む。

爽やかな柚子がスープの到来を開幕させ、いっさいの曇りなきアラのダシを感じたかと思えば、パッと冴える塩のパンチが訪れる。

・このラーメンの主役はスープ
麺はスープに旨味を引き立てられ、意外にもコシの強い食感を楽しませてくれる。

しかしこのラーメンの主役はスープだ。不思議なことに、スープを飲んでから1分ほど間をおき、改めてスープを飲むと、最初にスープを含んだときの感動が1%も減らずに感じることができる。気がつくと、ほとんどスープを飲み干していた。

・究極の手作り感
烏賊つみれのふわったとした「究極の手作り感」から放たれる、優しい味作りにも注目したい。あまりにも美味しいため、トッピンクで増量する人が多くいるようだ。

・寿司とラーメンを堪能する客もいる
ちなみに、このラーメンを食べられる時間帯は限られている。寿司ランチが11:30~14:00、ラーメンランチが13:00~16:00、ディナーが17:00~21:30となっている。13:00~14:00だけ。寿司とラーメンが食べられる時間がかぶっており、あえてその時間に来店し、寿司とラーメンを堪能する客もいるそうだ。

ランチもディナーもカジュアルな雰囲気で職人の寿司とラーメンを堪能できる。非常に希少な匠の寿司屋といえるだろう。

おさむ
住所: 東京都港区白金1-25-23
時間: 昼寿司11:30~14:00 昼麺13:00~16:00 夜17:00~21:30
休日: 日曜日

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/05/14/osamu/
Via: おさむ

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP