体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Jan Shotaro Stigter and Riki Eric Hidaka 『Double Happiness In Lonesome China』インタビュー(後編)

janriki1

 

甘いピロー・トークや笑いが飛び交う、夜明け前の大都会に潜むこぼれ話しと夢枕が出発点となっているような、気持ちのいいサイケデリック・ドリーム・ポップ・ミュージックがここにある。

そう連想させるJan Shotaro Stigter and Riki Eric Hidakaによる共同作アルバム『DoubleHappiness In LonesomeChina』が完成した。大きな音楽ムーブメント無き時代に、突然変異のように、突如現れた美意識と、その先にあるサイケデリックかつ内観的なダイヤの原石のような名曲の数々を集めた、全12曲収録のアルバムがStereo Recordsからリリースとなった。

まるでニール・ヤングのアルバム『Tonight’s The Night』のように、アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターが上手く自然と混ざり合ったりするフィーリングや、とろける虹色のアイスキャンディーのようなサイケデリックで甘いメロディーが、ジミー・ヘンドリックスのアルバム『Electric Ladyland』のようにスタジオ機材のエフェクトを通じて飛び交ったりするムードも、ニック・ドレイクのアルバム『Pink Moon』みたいにアコギ一本でのしっとりとした弾き語り楽曲までもが、バランス良くいっぱい詰まっている、聴きごたえのある内容のオリジナル・アルバムとなっている。

いい音楽には多少毒も必要だ。この『Double Happiness In Lonesome China』を聴いてみさえすればわかるだろう。この脳が気持ち良く揺れる音楽にきっと酔いしれるはずだからね。

実際に、ぼくも詞の朗読や12弦のアコースティック・ギターで参加させてもらっている収録曲の「Alain The Thinker Dub」や「Seven Gods of Tokyo」、そして、Jan Shotaro Stigterの弾き語りの「The Boy With Some Heroin In His Eyes」、Riki Eric Hidakaによる「天国への階段」へのオマージュにまでも少し聞こえて来る「ぶらぶらしていたい」などといった楽曲にどっぷりハマってしまっているくらいなのだから。

それでは、アルバム『Double Happiness In Lonesome China』の全貌を語ってくれたJan Shotaro StigterとRiki Eric Hidakaとのインタビューを、どうぞお楽しみ下さい。

(前編より続き)

―この前ゴールデン街で見せてくれたプロモーションビデオもふたり一緒にパリで撮っていたりもしたみたいだけど、MVでは作った曲を意識して全然違う目線で見たり、感じたりとかした?

RIKI「なんかとりあえず撮っとこうって言ったやつをJanが上手に作ってくれた。でも最終的にぴったりだし、すごい昔の映像とかも混ざっているから、あんまり目線とか関係ない。その歌のために作るとか、撮るとかじゃなかった気がする」

Jan「場所は、地球上のどこであろうと同じ匂いを感じ合っていると多分作った時の音と自然とリンクするというか。俺も編集しはじめて、お墓の映像があまりにも音に合っているから驚いたくらい」

RIKI「同じ人が作って演奏して録っているから同じ匂いになるんだと思う」

Jan「なんかやっぱり2人ともマジックの起こり方みたいなのも変化していくし。その時彼女いるいない、何買ってる、何飲んでるとか。そういうのってうちらの気づいてないところで変化しているんだと思う」

―リミックスのエイドリアン・シャーウッド的な感じでやっていたようなやつは、もう少し聴きたい。そういうの結構入っているじゃない?

Jan「よくわからない機械で録った」

RIKI「8トラックのMTRなんだけど」

Jan「その録ってくれたやつももちろん使いこなせるんだけど」

―家で録ってたんでしょ? エフェクトは色んな違うのにかけているのをもう一度いじり直すみたいな、そのバランスをとっているのかな。

Jan「みんな、おかしなことをやっているからね。そうじゃなくて、ちゃんとライヴ的なミックスもできたのは超よかったと思う。それ、いいよね。それ以外やり方がなかったし、そうした方がかっこいいっていう」

―聴きどころだよね。結構遊んでいたりしていてさ。

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。