ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体育会系新入社員が、実社会で発揮する「7つの特殊能力」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。
その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。
例えば、彼らは多くの人が社会に出てから学ぶ、こんなスキルをすでに身につけている(可能性が高い)。

ここに挙げた項目は、ちょっぴり乱暴な一般論。あくまでエンタメとして。悪しからず!

01.
「土下座させていただきます」
謝罪上手で怖いものナシ

運動部の世界では、後輩が先輩に謝罪するなんてことは日常茶飯事。ゆえに体育会系新入社員は謝るというアクションに慣れている。じつはコレ、社会では立派なスキルとして評価される。
社会に出ても、最初のうちは何度も失敗もするだろう。社内外で謝るシーンなんていくらでも。そんな時、彼らは強い。
変なプライドが邪魔したりはしない。躊躇なく「申し訳ありませんッ」と言える。相手の反応にオドオドすることもない。真正面から「自分の責任ですッ」と謝ることができる。時には土下座だっていとわない。

そんな堂々たる謝りっぷり(?)に、先輩社員は「いいなあ、コイツ」と思うわけだ。

02.
「はい、喜んで!」
雑用も笑顔でこなす

大きな目標を胸に、やる気マンマンで出社したものの、蓋を開けてみれば雑用の日々・・・なんてよくあること。そこで腐るヤツも少なくないが、体育会系新入社員は逆。雑用にやりがいを見い出す。なぜなら簡単に評価してもらえるから。
雑用には特別な経験もスキルも必要ない。笑顔で「やらせていただきます!」と言って、テキパキこなす。たったそれだけのことでGETする高評価。

彼らにとって雑用は“おいしい”のだ。

03.
「基本、10分前集合ッス」
何はなくとも時間厳守!

タイムマネジメントなんて難しいことはわからない。しかし、体育会系新入社員は愚直なまでに遂行する、10分前集合を。
相手を待つことはあっても、待たせることなんてできない。彼らにとってはジャストタイムすらも遅刻だ。かといって、あまりに早く到着しても意味がない。だから、いつでも10分前。

電車が遅れるなどハプニングが起きたら? 走ればいいだけだ。そのための脚力すらも、彼らは兼ね備えている。

04.
「ジブン、やります!」
宴会芸で盛り上げまくり

体育会系新入社員は、カラダだけを鍛えてきたわけじゃない。宴会芸を磨くことにだって心血を注いできた。
「なんかやってよ」という酔った先輩の乱暴なフリに動じることはない。用意しているネタがある。まだ場があったまっていないカラオケルームでオロオロすることもない。立派に前座としての役目を果たせる。

そう、彼らはエンターテイナーでもあるのだ。

05.
「陰口はちょっと・・・」
チームワークを重んじる

学生時代の専門分野が、たとえ個人競技であったとしても、体育会系新入社員はチームワークを尊ぶ。部活でも仕事でも、一人では決してできないことを身に染みて知っている。
例えば、先輩や同僚が誰かの不平不満を口にしている時、彼らはじっとそれを聞き流す。決して会話に混じらない。

あえて口には出さなくとも思っているのだ。「陰口、カッコ悪い!」と。

06.
「全然、軽いです」
重い荷物はお任せ

やせ我慢じゃない。カバンがパンパンになるような分厚い資料だって、ダンベルに比べれば軽いもんだ。

07.
「ごちそうさま!」
昼食時間は短いのが当たり前

寮生活を送ったことのある体育会系新入社員なら尚更。お行儀は別として、「早食い」という技を持っている。
新人時代は慣れないことばかりで、時間が不足するものだが、彼らはその技を駆使して、昼休みの30分を捻出する。しっかりとエネルギーを蓄えつつも、ちょっとしたスキマ時間を生み出すわけだ。

たかが30分、されど30分。それが効いてくる。

関連記事リンク(外部サイト)

【Vol.2】自由であり続けるために、20代で捨てるべき「50のこと」-四角大輔-
ハッピーな人が毎朝、ベッドから出る前に実践している「9つの習慣」
「人生は耐えるものでなく、楽しむもの」。幸せのために、いますぐ捨てるべき「15の習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP