ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本酒がファン層拡大に成功 「苦手食材」ないことが大きい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、また何度目かの日本酒ブームである。いやブームという一過性のものではなく、本格的な日本酒時代の幕開けといってもいいかもしれない。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 過去に何度か「空前の日本酒ブーム」という見出しがメディアをにぎわせたことがある。1970年代、新潟の「越乃寒梅」が幻の酒として人気になり、以降長きにわたってその流れを汲んだ”淡麗辛口”の冷酒が日本酒の主流となった。その後、人気マンガ『美味しんぼ』などの影響もあって、「吟醸」「山廃」「純米」といった特徴のはっきりした日本酒が人気になった。しかし、バブル崩壊以降、消費の冷え込みなどもあって、日本酒は壁を越えられずにいた。

 そんな日本酒人気が、戦後何度目かのブームを越えてようやく大きなうねりになろうとしている。酒類全体の売上が低下するなか、日本酒は売上を伸ばしている。今年、人気グルメ雑誌『dancyu』は、定期刊行雑誌としては異例の2号連続日本酒特集号を組んだ。日本酒関連の書籍も人気となっていて、昨年11月に刊行された『白熱日本酒教室』という日本酒入門書は発売直後から版を重ね、現在3刷となっている。

 なぜいま日本酒なのか。その理由として主に挙げられるのが「多様な味わい」「どんな食べ物にも合う懐の深さ」「食前、食中、食後を選ばない」といった日本酒の特徴だ。

 現在の日本酒は驚くほど多様だ。まるでシャンパンのように発泡する”スパークリング日本酒”が人気となっている。12~14度という低めのアルコール度数の日本酒も好評を博している。手はかかるが、味わい際立つ”生酛造り”を復活させる蔵元も増えた。意欲的な蔵が醸造技術や知見を積み重ねることで、現代の日本酒は「酸味」や「フルーティさ」など、特徴的な味わいを獲得し、ファン層の拡大に成功している。

「合わせ」の範囲の広さも日本酒ならでは。世界に冠たる食中酒、ワインですら含まれる鉄分が魚介類の脂質の酸化を促し、不快な臭い成分を発生させることがある。貝類など、合わせるのが難しい”苦手食材”があるほどだ。だが日本酒にはそこまで苦手な相手がいない。前項で触れたように近年、日本酒の味わいがさらに多様になったことで、フレンチや中華との合わせも一般的になってきた。それは替えの効かない新たなマリアージュの発見でもある。

 食前酒にも向くスパークリングや、食後酒にうってつけの貴醸酒も食中酒としても楽しめる。食中酒に絞って考えても、和食相手なら万能とも言える純米タイプに、さわやかな味わいと合わせやすい吟醸タイプ。さらには、肉や中華にも負けない力強さのある生酛・山廃系など、無数シーンで新しいマリアージュが待っている。

 近年の日本酒が持つ「多様」で「食べ物に合わせやすく」「シーンを選ばない」という特徴は女性人気を獲得した。海外からの人気も高い。2014年の「清酒」の輸出額は過去最高を更新し、115億円を超えた。農林水産省はこの数字を東京オリンピックが行われる2020年までに数倍にする目論見を持っている。

 日本酒が楽しめる新業態店もオープンラッシュを迎えている。3月、池袋に「KURAND SAKE MARKET」という3240円の入店料のみで、時間の制限なく約100種の日本酒をセルフスタイルで楽しめる店舗が開店し、人気を博している。この5月19日には、新潟の朝日酒造が1990年代に絶大な人気を誇った「久保田」の名を冠した飲食店を銀座に開店させる。メニューには「萬寿」「千寿」「百寿」のほか、季節限定の「翠寿」なども含めた「久保田」全ラインナップが揃えられ、「冷酒」以外の飲み方提案も積極的にしていくという。

 温故知新――。いままさに賛美を浴びる「新政」や「而今」といった日本酒がある。いっぽうで21世紀に入った頃、”新世代”と言われた「十四代」「飛露喜」のような酒もある。”新世代”もいずれは定番化する時期が来る。「温故」の象徴でもある「久保田」は、冷酒ばかりがもてはやされた当時の記憶を上書きし、「知新」につなげることができるのか。2015年の日本酒はますます面白く、そしておいしくなっている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
島田律子 冷え性対策にコップ2~3杯の日本酒を湯船に入れる
新年断酒宣言男「鹿児島では酒=焼酎」と言い張り日本酒党に
揚げ物や味付けの鯉料理にも合う「日本酒ハイボール」の魅力

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。