ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

室伏が「鬼ヶ島投げる」童話が誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ハンマー投げ選手・室伏広治が5月12日、結婚を発表。祝福の声が上がるなか、ツイッターでは、ハッシュタグ「#室伏広治が全部解決する童話」が盛り上がった。

【もっと大きな画像や図表を見る】

室伏の結婚が報じられると、早速ツイッターのトレンドワードには「室伏広治」が登場。これと同タイミングで「#山伏国広が全部解決する童話」というワードもトレンド入りしていた。山伏国広とは、オンラインゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』のキャラクター。「山野にこもって修行」「筋肉自慢」など暑苦しいキャラクターが特徴で、「その暑苦しさで無理やり話を解決していく」という内容を投稿するためのハッシュタグが、ファンの間で楽しまれていた様子だ。

トレンドワードにこのふたつのワードが並んでいたため、

「#山伏国広が全部解決する童話
こんなん普通に
#室伏広治が全部解決する童話
と見間違うわ」
「室伏広治
#山伏国広が全部解決する童話
ってトレンドに並んでたから
#室伏広治が全部解決する童話
に見えたナリよ」

など、見間違えたという人が現れ、ハッシュタグ「#室伏広治が全部解決する童話」が誕生したものと思われる。

投稿されている「童話」を見てみると、

「カブを抜こうとしました。,けれどもカブは抜けません。
おじいさんは室伏広治を呼んできた。
カブをおじいさんが引っ張って、おじいさんを室伏広治が引っ張って。
『すぽん!』
カブが抜けました!
気が付くと、おじいさんはカブとともに空を飛んでいました」
「桃太郎は鬼退治に行きましたが、お供の室伏が鬼ヶ島ごと『ッッアアアアアアアア』と
投げてしまったので桃太郎はやることがありませんでした」
「『室伏広治はなんでそんなに逞しいの?』
『ハンマーを遠くに投げるためだよ』
おばあさんは赤ずきんに答えました。
狼なら猟師さんの所にぶん投げておきました」
「昔々、大きな森にヘンゼルと妹のグレーテルンンンァァァアアアアア!!!!」

など、ストーリーを無視して「ぶん投げる」という結末になっていたり、投げるときの声「ンァァァアアアアア」を使ったりしたものが多く見られる。ツイッターユーザーたちには大好評で、「クソ面白い」「涙目になった」など、笑ったという声が相次いだ。

室伏といえば、本業での輝かしい成績のみならず、プロ野球の始球式では131キロを計測する直球を投げるなど、その高い身体能力は「最強伝説」としてネット上で語り継がれている。

「レジェンドをこえて童話へ(笑)」

というコメントにある通り、あまりの人気ぶりに、童話化してしまった今回の騒ぎであった。
(R25編集部)

室伏が「鬼ヶ島投げる」童話が誕生はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ツイッター「社畜童話」が次々登場
力を発揮するには「緊張」が必要!
会社は辛いよ…「社畜童謡」が話題
ジブリ映画にしてほしい童話1位は
ローラ風「走れメロス」が話題

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP