ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の風景をあなたの部屋に!世界初“デジタル窓”で癒しのひとときを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラウドファンディングサイトでは、海外のスタートアップ企業による斬新なアイディアが、盛んに発表されているが、日本勢だって負けてはいない。

このたび元任天堂社員2人が、世界初のスマートなデジタル窓「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」を開発。Kickstarterにて、先行予約を開始した。

・部屋にいながら世界の風景を満喫

「Atmoph Window」は、4Kで撮影されたオリジナル映像とともに、リアルなサウンドが流れる27インチの縦型ディスプレイ。この窓を壁にかけたりデスクに置くだけで、世界の美しい風景が広がる仕組みだ。

映像のラインナップは、200本以上を予定。世界各地からリアルタイムに配信されるライブストリーミング映像も、自由に選ぶことができる。

・時計、カレンダーなど、見たい情報も表示

「Atmoph Window」の機能は、それだけではない。時計、カレンダーや天気予報など、すぐに見たい情報を表示しておくことも可能だ。

Googleカレンダーに入力した予定が、Wi-Fiを通じて自動同期されたり、鳥の声などのアラーム機能や、時間に合わせて映像が自動に切り替わるといった、便利な機能も装備されている。

・6月11日までキャンペーン中

開発元のAtmoph(アトモフ)は、2014年に京都で設立されたばかり。家での時間の質をより良くするために、本システムを考案したそうだ。

「Atmoph Window」のキャンペーン期間は、2015年6月11日(米国時間)まで。目標金額は10万USドル。製品出荷は、2016年3月頃を予定している。

Atmoph Window/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP