ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

じつは些細なことだった。幸せなアノ人が、人生で大切にする「10の考え方」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「人間は自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。
幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていないだけでアナタの周りにはたくさん存在しているのです。問題はそれを見つけられるかどうか。

そのヒントとなる「幸せな人の共通点」を起業家でありライターのPaul Hudson氏が紹介しています。

幸せな人とそうでない人は何が違うのでしょうか?幸せな人は、特別な人生を生きているのではありません。ただ、やっていることが他の人と少し違うだけなのです。幸せな人に共通する考え方とはなんでしょうか?

01.
大切なのは他人の視点より
“自分の行動”

誰かに好かれたいとか嫌われたらどうしようとか、そんなことは考えません。他人の関心には興味がないのです。彼らは誰かに承認してもらうことを求めません。自分の行動に責任を持てるのは自分だけと考える彼らは、誰かに生き方を決めてもらうようなことはしません。

02.
○○すべきは存在しない
誰にも強制されない

彼らには、「○○しなくてはいけない」といったことが存在しません。何かをしたりどこかへいったりするのは、やらなくてはいけないことではなく、やりたいからしているのです。

03.
愛すべき友人とは
自立した関係を築く

彼らは友人を必要以上に頼ることはしません。人は皆それぞれ違う生き物だということを知っているので、気持ちを押し付けることをしないのです。誰かに頼りすぎると、人間関係は崩壊します。友人とは自立した、大人同士の関係を保っています。

04.
お金のためじゃない
“自分”のために働く

「来週から始まる仕事は、どんなプロジェクトなの?」そう訪ねた時、彼らは自分が何をして、それがどんなことに役立つかを答えます。
仕事は、生活のために必要なお金を稼ぐものではなく、楽しいからやるのです。条件や待遇ではなく、そこで何ができるか、どんなものを得られるかを重視しています。

05.
場所に固執しない
それは、国すらも・・・

彼らは住むところに固執しません。一つの場所にとどまって退屈な人生を送るのはもったいないと考えています。旅を通じて多くの人に出会い自分の価値観をアップデートしています。街や国といった垣根を越えて、地球全体が自分の家であるように考えているのです。

06.
自分の哲学は、自分で決める
独自のルールを持っている

彼らは何が良くて何が悪いことなのか、自分で判断します。生きる上での、マニュアル本や指南書は必要ありません。自分の中でルールを持ち、他人に指摘されるのではなく自身の哲学に従って生きるのです。

07.
「人生はいつか終わる」
と意識する

命あるもの、いつかは最期を迎える…。幸せな人はそのことを受け入れ、生きるモチベーションにしています。やみくもに死を恐れたりしません。死はコントロールできないが、自分の人生はコントロールできると思っているのです。

08.
与えられるのではなく
自分たちでつくっていく

目の前の現実はこれまで積み重ねてきたものの結果であり、どんな現実も自分たち次第でつくり出すことができると信じています。誰かに与えられるのではなく、自分たちでつくっていくことが大切だと信じているのです。

09.
理想だけを追わず
地に足がついている

幸せな人は常に夢や希望、目標を持っています。彼らにももちろん憧れはありますが、必要以上にとらわれたり、道を見失うようなことはしません。

10.
人は変えられないけど、
その人への接し方は変えられる

他人を変えようとすることは大変なこと。多くのエネルギーを必要とします。人が変わることができるのは、その人自身が自分で変わりたいと思った時だけ。
ただその人とどのように接すればよいかはあなた自身がコントロールできるところなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

有名コンサルタントが語る。残業せず、17時に帰宅する「9つの仕事メソッド」
ハッピーな人が毎朝、ベッドから出る前に実践している「9つの習慣」
薬物中毒を克服したライター。幸せになるための「16のメッセージ」が強い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP